【POG】ロードカナロア産駒で母マルセリーナの2020となるシュタールヴィントの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

初仔が重賞勝ち以降が…この母からそろそろG1馬も!?。父はロードカナロアで母マルセリーナの2020となるシュタールヴィントをご紹介したいと思います。

シュタールヴィントのプロフィール

馬名:シュタールヴィント(2歳・牡馬)
馬主:社台レースホース
管理:矢作師
募集額:8,000万円
生産:社台ファーム
父:ロードカナロア
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

先週2勝で、今週末にはキングエルメスが復帰

父はロードカナロアとなり、先週2019世代の未勝利戦では初デビューだった良血サトノレーヴが既走馬相手に2番手から押し切り1着。その他プレミアムスマイルが2着、オマツサマが3着。また、3歳1勝クラスでは同レースに3頭出走し、ソウテンが1着にニシノデフィレが4着とオラヴェリスタが5着と掲示板を全て確保。更にNZT(G2)ではエンペザーが奇しくも4着に、桜花賞(G1)にサブライムアンセムが出走も9着と見せ場なく終わりました。産駒として計2勝ですがサトノレーヴが楽しみですし、今週末には京王杯2歳S(G2)勝ち馬で骨折明けとなるキングエルメスがアーリントンC(G3)へ参戦。産駒代表としてG1へ向け好発進ができるといいですね。

母はG1馬で、初仔が重賞勝ちのラストドラフト

母はマルセリーナでディープインパクト産駒。近親には重賞3勝のグランデッツァがいる血統ですね。現役時は懐かしのアンカツを背に、牝馬クラシックの桜花賞(G1)勝ち馬でマーメイドS(G3)も
勝ってますね。通算22戦4勝で引退後は繁殖へ上がりました。その繁殖生活で初仔のラストドラフト(父ノヴェリスト/牡馬)が、いきなりデビュー2連勝で京成杯(G3)を勝ちました。そして2番仔のヒートオンビート(父キングカメハメハ/牡馬)が、目黒記念2着や日経賞3着にG3でも2、3着と勝ちきれずとも惜しい競馬をしています。

預託先が矢作調教師となれば期待は…

そんな中、ロードカナロアを配合されたシュタールヴィントがこの2020世代でデビューを予定としております。預託先はこの血統が初預託となる矢作師との事で期待度UPで。父母の血統からも距離はマイル前後という感じでしょうか?、また、遅生まれという事もあれどやはりこの血統と厩舎は魅力的。初仔から重賞勝ち馬の出た母ともあり、馬体重等など成長も順調にいけばマイル界で好結果を出す可能性も!?。まだひ弱な面も出てるという事でデビューはもう少し先にはなりそうですが、是非期待してみたくなる1頭です。

タイトルとURLをコピーしました