【POG】クロフネ産駒で母フサイチエアデールの2016となるビーチサンバの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

『フサイチ』の冠が懐かしく思う私ですが…^^;
はい、金子氏=友道師のラインとなりますがクロフネ産駒で母がフサイチエアデールの2016となるビーチサンバを紹介したいと思います。

馬名:ビーチサンバ(2歳・牝馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
落札額:5,600万円
父:クロフネ
母:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
デビュー予定:2018年9月15日(土) 阪神 芝1600m
鞍上予定:ルメールジョッキー

正直、ライラプスやフサイチリシャールが出てる値ではあるが、
フサイチエアデールの仔が初購入となる金子真人氏が落札するとは思ってなかった私ですが、
2017年のセレクトセールで落札額は5,600万円。
約10年前にG1馬が出た血なら相応の額でしょうか^^;

母のフサイチエアデールは全21戦5勝でデビュー戦は13着と勝ち馬に5.0秒差の大敗したものの、3戦目にして未勝利を勝ちその後は、シンザン記念(G3)、報知杯4歳牝馬特別(G2)、
ダービー卿チャレンジ(G3)、そしてマーメイドステークス(G3)と計重賞4勝馬。
また、G1では桜花賞ではプリモディーネの2着、オークスではウメノファイバーの5着、
そして秋華賞ではブゼンキャンドルの5着とクラシック皆勤賞ではあるが、
もう一押しまできてたのですが結果は出せず。
また、エリザベス女王杯もメジロドーベルとファレノプシスで2年連続で2着と、
悲願のG1制覇を阻まれる悔しい結果でしたが活躍しました。

その母フサイチエアデールからは、

2002:ライラプス(父フレンチデピュティ/牝)
2003:フサイチリシャール(父クロフネ/牡)
2004:アステリオン(父フレンチデピュティ/牝)
2005:グリッターカーラ(父フレンチデピュティ/牝)
2006:サイオン(父クロフネ/牡)
2007:スクーデリアピサ(父クロフネ/牡)
2008:ゼンノルジェロ(父シンボリクリスエス/牡)
2009:ボルボレッタ(父ウォーエンブレム/牝)
2011:マラムデール(父フレンチデピュティ/牝)
2012:コスモエルタニン(父クロフネ/牡)
2013:ヘキサゴン(父ハービンジャー/牡)
2014:インヘリットデール(父ルーラーシップ/牝)
2015:アドマイヤデジタル(父ノヴェリスト/牡)

と、初仔のライラプスがデイリー杯クイーンCを制し初仔にして重賞勝利と先々非常に楽しみになりました。
続くフサイチリシャールはデビュー戦4着後の2歳未勝利から4連勝で東京スポーツ杯2歳Sと
朝日杯FS(G1)を制しG1初勝利を齎しました。その後不振に陥りましたが阪神Cを制した以降は
不振が続き引退となりました。
その後の仔も期待されるも目だった活躍馬が出て来ないが残念ですね…

そして2016のビーチサンバは父がクロフネでG1を獲ったフサイチリシャールと同配合。
過去クロフネで走らない馬もいましたが、何といっても馬主が金子真人氏。
リアルダビスタの異名を持つ金子氏の目に叶ったとあれば少なからず期待したくなりますし、
預託先は友道師ですし鞍上もルメールJを確保してる模様と期待が何杯にも膨らみます。
また、このビーチサンバが活躍したらフサイチエアデールの仔から久しぶりの活躍馬が出て、
個人的には嬉しい反面…金子氏の相馬眼が益々恐ろしく感じますwww

9月中旬に阪神の牝馬限定で芝1600mへ出走予定。
どんな走りと結果になるか非常にデビュー戦が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする