【POG】ハービンジャー産駒で母ライツェントの2019となるリューベックの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

リアルダビスタ所有はかなり魅力的だが、さてどうなる!?…。父はハービンジャーで母ライツェントの2019となるリューベックをご紹介したいと思います。

リューベックのプロフィール

馬名:リューベック(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:須貝師
落札額:6,000万円(セレクトセール 2020)
父:ハービンジャー
母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
デビュー予定日:2021年7日18日(日) 函館 芝1800m
鞍上予定:吉田(隼)ジョッキー

期待の2頭が共に…

父はハービンジャーとなり、先週の2019世代では残念ながら勝鞍を挙げる事ができませんでしたね。特に小倉で川田Jを背にデビューのグランディアが、ピースオブエイトに1馬身1/2差を付けられ2着。更には函館のルメールJを配したフォアランナーは4着も、勝ち馬エクラノーブルに1.1秒差で負けこの差はかなり致命的な印象の私。この世代は違う!?と思ってたが先週の新馬2騎がコレは…現状では危なげない新馬勝ちのアライバルが大将格と言った感じでしょう。ただ今週にも期待の1頭が出てきますので巻き返して欲しいところです。

母から、あのウートンバセットを配合された全姉はG1馬

母はライツェントとなりスペシャルウィーク産駒ですね。現役時は中央デビューで1600~2000mで4戦し主な活躍ができないまま通算4戦0勝で引退となり繁殖へと上がりました。また、祖母のソニンクからはランフォルセやノーザンリバー等ダート重賞勝ち馬や、モンローブロンドやノットアローン等芝での重賞馬券圏内馬が出しており期待されての繁殖生活は、代表産駒と言えば全姉となる2014のディアドラ(父ハービンジャー)のでしょう。秋華賞(G1)とイギリスのナッソーSのG1を2勝し、G2の府中牝馬S(G2)勝ちに紫苑SとクイーンSのG3を2勝し繁殖入りから、海外でガリレオで受胎ができずもウートンバセットを配合し受胎中。またハービンジャーが合うのか、コチラは全兄のオデュッセウスだがすずらん賞と橘SのOPを2勝し、兵庫ジュニアグランプリでは3着に好走しています。

馬主×調教師×鞍上=ソダシチームの再現!?

そんな中、8番仔で2018のセブンシーズに続きハービンジャーを配合されたリューベックが今週末デビューを予定としております。馬主はあのリアルダビスタでお馴染み金子真人氏となればコレだけでも期待度が上がります。更に預託先が須貝師、そしてデビュー戦は日曜の函館芝1800mを鞍上吉田(隼)Jとの事。となれば…正にソダシチームではないですか!?。馬名、馬主、配合、調教師、鞍上から…ワクワクしてしまうのは私だけでしょうか!?さて、どんな結果を出すのか非常に興味をそそられる1頭です。デビュー戦が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました