【POG】レッドスパーダ産駒で母トシザコジーンの2019となるテイエムスパーダの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

よもやの鞍上で“テイエム”の冠からそろそろ…!?。父はレッドスパーダで母トシザコジーンの2019となるテイエムスパーダをご紹介したいと思います。

テイエムスパーダのプロフィール

馬名:テイエムスパーダ(2歳・牝馬)
馬主:竹園正繼氏
管理:五十嵐師
父:レッドスパーダ
母:トシザコジーン
母父:アドマイヤコジーン
デビュー予定日:2021年7日11日(日) 小倉 芝1200m(牝限)
鞍上予定:福永ジョッキー

数少ない産駒で2019世代はまだ…

父はレッドスパーダとなり、先週の2019世代では新馬戦ではグランステラが7着に2歳未勝利戦ではジーガーデンが9着と、この世代での産駒初勝利を挙げる事ができませんでした。現時点で18頭の登録があるのかな?。既に4頭がデビュー済みですが、特に個人的に開幕週で密かに期待していた藤沢師×ルメールJのバーマンが無念の13着…産駒数が少ないだけに活躍是非応援したいが、今週はアンジェリーナも含め2頭のデビュー。良い結果がでる事を願いたい私です。

母3勝に全姉も3勝

母はトシザコジーンでアドマイヤコジーン産駒ですね。現役時は、新馬戦をアンカツで勝利し今後に期待と思いきやその後勝利を重ねるも主な活躍ができないまま、通算28戦3勝(ダート1勝・芝2勝)で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活だが、コレと言って主な活躍馬がいない中で、全姉のナーゲルリング(牝馬)が芝で3勝を挙げました。関係者も期待して、この2019世代も同種牡馬配合でリベンジという感じでしょうか。

福永Jを背に、全姉超えを期待!

そんな中、ナーゲルリングに続きレッドスパーダを配合された6番仔のテイエムスパーダが明日デビューします。馬主は“テイエム”の冠でお馴染み竹園氏でテイエムからそろそろ活躍馬が出て欲しいが、デビュー戦は小倉芝1200mで日にバ限定戦。鞍上が二度見をしたが福永Jというのは心強い。また、預託先はテイエムプリキュアやテイエムハリアーを思い出す五十嵐師。調教は坂路好時計をマークするなど、鞍上も含めて初戦から期待できそうな状況。相手は松山J騎乗のアンジーニョ辺りになりそうだが、頭数は8頭だけにチャンスか!?。そこまで注目もされてなさそうで超良血とはいかないが、新馬戦でアッと言わせる結果になると嬉しいですね。デビュー戦でどんな結果になるか楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました