【POG】キタサンブラック産駒で母ワナダンスの2019となるコルティーナの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

かなり期待された新種牡馬だが産駒初の1勝が欲しいところ。父はこの世代からの新種牡馬キタサンブラックで母ワナダンスの2019となるコルティーナをご紹介したいと思います。

コルティーナのプロフィール

馬名:コルティーナ(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:橋口(慎)師
募集額:1,800万円
父:キタサンブラック
母:ワナダンス
母父:The Leopard
デビュー予定日:2021年7日17日(日) 小倉 芝1800m(牝限)
鞍上予定:川田ジョッキー

期待大の新種牡馬も未だ未勝利…

父は、この世代でかなり期待されている新種牡馬のキタサンブラック。同世代の新種牡馬が徐々に勝利を挙げる中、先週の2019世代ではベアビリーブが福島でデビューも6着と見せ場すら作れず、未だ産駒の勝鞍がない状況ですね。これで現時点で4頭がデビューし、特に期待の高かったコナブラックがダノンスコーピオンとルージュラテールに3馬身離された3着…かなり期待されてるが、個人的には突然変異の新種牡馬はかなり半信半疑なだけに良い意味で覆す結果を出して欲しいところ。今後の産駒に大物が潜んでる事を期待したい私です。

母は2歳で引退も、G1勝ち馬

母はワナダンスでアルゼンチン産のThe Leopard産駒ですね。現役時はサトゥルニーノ・J・ウンスエ大賞(G1)を4馬身差で勝ち、デルリAゴメス賞とフォルトゥナトダミアーニ賞のG3を2勝しています。出走は僅か6戦で2歳戦のみ出走し通算6戦4勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活は国内ですが、2015のアイワナシーユー(父ステイゴールド)~2018のアイワナスマイル(父ハーツクライ)までDMMバヌーシーが4年連続所有していましたが、4頭で中央1勝の地方1勝のみと何れも活躍できず。2019はどういう経緯でキャロットファームでの募集となったか興味がそそられますが、これで走ったら…どうなるか興味津々な私です^^;

馬主、調教師が変わり心機一転で好走も!?

そんな中、新種牡馬のキタサンブラックを配合された5番仔のコルティーナが今週末デビューを予定されています。過去4頭は全てDMMドリームクラブ=戸田師でしたが、心機一転キャロットファーム=橋口(慎)師となりました。募集学は1,800万円ですが、デビュー予定の小倉芝1800m(牝限)を鞍上川田Jというのは心強いですし、産駒初騎乗という事で川田Jもココは色々な意味で結果を出したいところでしょう。ただ同レースには、強敵になりそうなサトノレイナスの半妹ヴァラダムドラー(父ジャスタウェイ)が鞍上松山J?で参戦予定。他に藤原師管理の有力馬も出走してくる可能性もありそうで、キタサンブラック産駒の初勝利がこの馬となるか!?楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました