【POG】ドレフォン産駒で母キナウの2019となるレウェルティの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

新種牡馬産駒が早々に2歳重賞へ2頭送り込みますが、果たして!?。父はこの世代からの新種牡馬ドレフォンで母キナウの2019となるレウェルティをご紹介したいと思います。

レウェルティのプロフィール

馬名:レウェルティ(2歳・牝馬)
馬主:野嶋祥二氏
管理:田島(俊)師
父:ドレフォン
母:◯地キナウ
母父:キングカメハメハ
デビュー予定日:2021年7日17日(日) 福島 芝1200m
鞍上予定:戸崎ジョッキー

2歳重賞へ2頭送り込む新種牡馬

父はドレフォンとなり、この2019世代からの新種牡馬ですが先週は4頭デビューも4着が最高、そして未勝利戦でも勝鞍はありませんでした。産駒としては6月の開幕新馬戦から既に19頭の出走から、ハイアムズビーチ、フェズカズマ、ジオグリフも加え4頭の新馬勝ち馬を出しています。またドレフォン自体BCスプリントやキングズビショップS等のダートの短距離G1を3勝しているが、産駒の勝鞍が芝1200~1800m、そしてダ1200mと条件が異なる中での勝利とあって好調と言っても過言ではないか。種付が200頭以上で人気とまだ未知の部分は多いが、今週末の2歳最初の重賞となる函館2歳S(G3)にはジャンカズマとカワキタレブリーの2頭スタンバイ。どんな結果を出してくるか興味のある種牡馬ですね。

母は地方3勝、初仔は未勝利…

母はキナウでキングカメハメハ産駒ですね。現役時は中央でデビューも勝ちきれず、地方川崎へ参戦し3勝を挙げてから再度中央にTRY。その後13、12、15着と芝・ダートで結果が出ず主な活躍ができないまま、通算17戦3勝(地方3勝)で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、2018のライニカイブルー(父タートルボウル/牝馬)が初仔でしたが、中央で3戦0勝…地方で2戦0勝と1勝も挙げれない現状は厳しいですね…

鞍上で新馬戦一発の可能性も!?

そんな中、新種牡馬ドレフォンを配合された2番仔のレウェルティが今週末デビューを予定しています。馬主は野嶋祥二氏で、預託先は田島(俊)師と初預託との事で現時点では未知のコンビですが、気になるのはそのデビュー戦が日曜の福島芝1200mはともかく鞍上に戸崎Jを配してるとの事。何か色々と勘ぐってしまいますが、2番仔となり血統的にも父ドレフォン×母父キングカメハメハでジオグリフが新馬勝ち。非常に興味をそそられ一発としては魅力を感じてしまう私。さて、どんな結果になるか興味津々です。

タイトルとURLをコピーしました