【POG】キタサンブラック産駒で母ハルーワスウィートの2020となるグランヴィノスの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この母の血統とこのコンビはやはり気になります。父キタサンブラックで母ハルーワスウィートの2020となるグランヴィノスをご紹介したいと思います。

グランヴィノスのプロフィール

馬名:グランヴィノス(2歳・牡馬)
馬主:佐々木主浩氏
管理:友道師
生産:ノーザンファーム
父:キタサンブラック
母:ハルーワスウィート
母父:マキャベリアン
デビュー日:2022年10月10日(祝月) 阪神 芝2000m
鞍上:川田ジョッキー

先週は相手が悪く、勝鞍なし…

父はキタサンブラックで、先週の新馬戦ではベルビューポイントが2着にノレッジビューティが5着。未勝利戦ではパルフュメが2着に、ジャッドノワールが10着となりその他OPへの出走はなし。産駒としては勝鞍を挙げる事ができず。先週もご紹介し、個人的に期待していたベルビューポイントは相手が悪いの一言。勝ち馬が良血ダノンタッチダウンで0.2秒差だけに悔しい限り。次は楽しみはありながらもう1つ上の結果を求めたいが、果たして結果はいかに!?。

母は、国内や海外G1勝ち馬を多数輩出

母はハルーワスウィートとなり産駒。現役時はデビュー5戦目で勝ち上がり。そして4歳夏頃から力が付きその後4勝を挙げるも主な活躍はなし。通算22戦5勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活はご存知の通りで、G1・Vマイル連覇のヴィルシーナ(父ディープインパクト)にジャパンカップ勝ちのシュヴァルグラン(父ハーツクライ)、更にG1の秋華賞とドバイターフを制したヴィブロス(父ディープインパクト)等など繁殖としては素晴らしい実績を残しています。因みに2021は、スワーヴリチャードを配合された牝馬が誕生しております。

佐々木主浩氏×友道調教師=川田ジョッキーでデビュー

そんな中、キタサンブラックを配合されたグランヴィノスが今週末のデビューが決まりました。馬主はこの血統でお馴染み佐々木主浩氏で預託先もお馴染み友道師。デビュー戦は10日(祝月)の阪神芝2000mで鞍上川田ジョッキーを配してる辺りは陣営の期待の高さを感じます。その期待度の高さが調教にも現れ、かなり動きがよくスピードや落ち着きに乗りやすさ等など高評価。意外にもこの血統では早めのデビューという感じですが、体質もしっかりしてる模様。佐々木氏は、2020年の新潟記念(G3)を勝ったブラヴァス以降重賞勝ちが遠退いてますが、ゆかりの血統で巻き返せるか?そして大物となるか興味をそそられます。9頭と頭数が少ない感じの初戦ですが、どんな走りをするか楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました