2016年 エリザベス女王杯 【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

今年は強力先行馬が不在のメンバー構成。
誰かが押し出される格好になりそうだ。
何が行くにしても、ペースは「スロー」になりそうな予感。
と、なると?
後半の上がり勝負になるとみた!
(因みに福島は「ケン」。ココに一鞍入魂!)

そんなオレの予想は…。

◎[2番]マリアライト
昨年の覇者。
同馬に関して、気づいたことがある。
昨年の「エリザベス女王杯」勝ち以降、参戦しているレースについてだ。
あれから丸々1年が経過したワケだが、参戦している全てのレースが「牡馬混合の中距離路線」なのだ。
あくまで中距離にこだわり、GP宝塚記念を制した同馬は「女傑」と言っても大袈裟ではない。
秋初戦も牡馬相手のオールカマーを選択し、5着に負けたがゴールドアクターに0秒3差は立派だ。
ちなみに昨年のローテもオールカマー5着からエリ女に挑み、優勝した。
もはや『現役中距離馬』の中でも上位の一角に入る戦績の持ち主。
牝馬限定のG1戦。連覇する可能性は高い!

◯[1番]ミッキークイーン
昨年のG1秋華賞を勝ち馬。
その後、JC参戦するも3番人気で8着。
年明けのG2阪神牝馬Sは1番人気で2着、続くG1ヴィクトリアMも1番人気で2着、どうも勝ち切れない状況。
とはいえ、いずれも着差は僅かで特に昨年のJCは『古馬初対戦かつ、3歳牝馬が勝ち馬から0秒3差』だ。
デビュー以来、馬券圏外に消えたのはこの1戦だけ。
他は全て連対し、G1を2勝(オークス、秋華賞の2冠)
この中間に軽い捻挫を発症、休み明けでのぶっつけ参戦となってしまったが、鉄砲実績(0.2.0.0)なら。
元々、前哨戦を使う予定で1ヶ月以上じっくり乗り込まれていた。
「馬体も息もできている。実戦を走っていない分、フレッシュな状態だ」と。
これまでの戦績から中距離適性が抜群に高い同馬、今回がまさに絶好の舞台と言える!

▲[10番]シュンドルボン
末脚勝負一辺倒という極端な勝負しか出来ない不器用タイプ。
今回の出走馬の中でも1、2を争うほど『展開』『前が壁』といった要素に左右されかねない馬。
しかし、潜在能力自体は非常に高い!
例えば、今年3月の中山牝馬Sでは末脚自慢の牝馬「ルージュバック」を差し切る金星。
前走の府中牝馬Sでは休み明けで馬体重14kg増という太目残りで上がり3F33秒3。
マーメイドSでもトップハンデの56kgを背負っての後方一気で勝ち馬と0秒1差。
因みに昨年はこのレースで7着だったが、当時はテン乗りのアッゼニ騎手で同馬の特性を理解していなかった。
その点、今日の鞍上は同馬の末脚を知り尽くしている。
早々とG1に目標を定め、秋の叩き2戦目で上積みは大きい。
差し馬優勢の流れになれば、確実に末脚を炸裂させるぞ!

注[3番]クイーンズリング
デビューから3連勝でG2のFレビューを制し、3番人気で桜花賞に挑むも4着。
そこから5戦して5連敗…。
その中にはG1秋華賞でクビ差の2着。
昨年のこのレースでは不利を受けながらも、勝ち馬と0秒3差の8着。
勝ち切れない状況に陣営も「あとひと押しが利くようになるのは、恐らく古馬になってから」と。
その言葉通り、今年に入ってG3京都牝馬Sと前走のG2府中牝馬Sの重賞を2勝。
「以前はマイル向きの傾向だったが、素直で折り合いも付きやすいタイプ。本来は中距離あたりが合う」と関係者の談。
2000m超の距離に出走するのは去年のこのレース以来、丸々1年ぶり。
当時はまだ馬が若く、未完成の状態。前目の位置取りで積極策からあっさり差し切っても不思議は無いぞ!

△[8番]タッチングスピーチ
昨年の3着馬。
レース内容は悪くなく、勝ち馬マリアライトとはタイム差なし。
年明け初戦のG2京都記念では道悪馬場でサトノクラウンに0秒5差の2着。
どうやら、この「道悪馬場での激走」がその後の3戦に大きく影響したようだ。
3歳秋の疲れが残ったまま、ダメージが残るタフな闘いで完全にリズムを崩した。
この不振脱出に効果的だったのが、宝塚記念後の夏場全休だ。
これで息を吹き返し、張りのある迫力ボディーに戻ったらしい。
この5週連続で好時計を連発、完全に仕上がった。
同馬もマリアライト同様に、昨年の「エリ女」以降のレースは全て「牡馬混合戦」だ。
鞍上ムーアが同馬の闘志に火をつける!

【3連複5頭BOX】
[1番][2番][3番][8番][10番]

特に[1番][2番][3番]は厚め推奨!
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1着 注[3番]クイーンズリング
3着 ◯[1番]ミッキークイーン
6着 ◎[2番]マリアライト
6着 ▲[10番]シュンドルボン
8着 △[8番]タッチングスピーチ

②マリアライトと⑩シュンドルボンは同着か…。

というか、アタマの片隅にあった「ふたつの不安」だけが的中した…。

ひとつめは「スローの切れ味勝負はマリアライトには向かない」ということ。
(稍重以上ならハナシは別)
ふたつめは「先行して残るパターンがエリ女は特に多い」こと。
それは分かってた。
まぁハズす時はこんなもんで、その通りの結果だ。

それと、もうひとつあった!
週中に「見える人」のハナシを投稿した。
まさに「社台RH」のハナシだ。

そもそもクイーンズリングには当初、ルメールが乗る予定だった。
ジュエラーが回避したおかげでミルコが継続して騎乗することに。
ルメールに決まってたものを敢えて降ろした。
そのルメールが「社台RH」のシングウィズジョイに回った経緯。

なにやってんだオレは…(汗)

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする