2017年 レパードステークス(G3)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弍]

12時30分時点でエピカリスの単勝1.5倍。
断然人気の同馬をどう扱うのか。
国内4戦全勝、能力の高さに非の打ち所はない。
だが、海外遠征で出走直前に回避、かつ帰国初戦だ。

そんなオレの予想は…。

◎[15番]タガノディグオ
前2走の地方交流重賞で1着→3着。
兵庫CS(Jp2)は好位から抜け出す横綱相撲。
続く大井のJDダービー(Jp1)も勝負どころから大外に持ち出す距離ロスのある競馬。
それでも勝ち馬とは0秒2差の好内容だった。
ダート10戦中、8戦でメンバー最速の上がりをマークしている末脚は最大の武器。
「へグッたら最期」これまでチャンスの少なかった鞍上の川島の思いも強いはずだ。
地力はエピカリスに勝るとも劣らん!

◯[14番]テンザワールド
デビュー当初は短距離仕様、500万昇級後はやや頭打ちの状態。
それが3走前に距離を延ばしたところから一気に開花、1800→1900mで目覚めた。
特に前走の中京1000万下「濃尾特別」は古馬混合で2馬身半差の圧勝。
主戦の和田が小倉記念の「バンドワゴン」に騎乗。
テン乗りでも岩田なら心強い!

▲[5番]エピカリス
米ベルモントS(G1)無念の直前回避。
症状も軽傷で歩様の乱れもなかったが、「先のある馬」故に断腸の思いで帰国。
帰国後も疲れがないという判断でココに出走を決めたようだ。
先週の調教も抜群の動きで「何もなければ」ここは楽勝して不思議ない。
能力は断然とわかってはいるが…。

注[12番]ハルクンノテソーロ
テンザワールド同様に短距離仕様から距離を延ばして成績を上げてきたクチ。
確か前走のユニコーンS(G3)では△を献上した。
更に距離を延ばした今回、リラックスして「4つのコーナー」を上手くこなしてくれれば。
左回りで良績集中、安定の大野で大物食い!

△[3番]イブキ
奥村先生曰く、前走の青葉賞(G2)で「現時点で上位との力の差を感じた」と。
新味を求めてダートに挑戦することに。
血統や走法から試してみたいと思っていたし、3歳馬同士で戦えることが大きい。
スタートが速くて初ダートには好枠、心肺機能も高い同馬。
長く良い脚が使える新潟の舞台も合いそうだ。
どこまやれるか、の期待値コミで。

【3連複 軸1頭ながし】6点勝負!
[15番]→[3番][5番][12番][14番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
3  着 ▲[5番]エピカリス
6  着 注[12番]ハルクンノテソーロ
7  着 ◯[14番]テンザワールド
12着 ◎[15番]タガノディグオ
14着 △[3番]イブキ

勝ち馬②ローズプリンスダム
亀山先生は密かに期待してたようだ。
前走のJDダービーは落鉄してた分、踏ん張りが利かなかった。
1800mで2勝、改めてだよと。

⑤エピカリスはかなりシメられたね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする