【POG】ハーツクライ産駒となるスイープトウショウ2016のスイープセレリタスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

確か2015年でしたかトウショウ牧場の閉鎖により、
トウショウ絡みの馬がノーザンファームに売却されましたね。
その際にG1・3勝の名牝スイープトウショウも売却となり、
父がハーツクライでスイープトウショウの2016となる、
スイープセレリタスを紹介したいと思います。

馬名:スイープセレリタス(2歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
厩舎:藤沢師
父:ハーツクライ
母:スイープトウショウ
母父:エンドスィープ

母は秋華賞(2004年)、宝塚記念(2005年)、エリザベス女王(2006年)のG1を、
3勝し名牝となったスイープトウショウですが、
引退後は繁殖に上がるものの未だに活躍馬が出ないという状況は非常に残念。
仔達ですが…

スイープトウショウ2009(牝):ジュエルトウショウ(父アグネスタキオン)
中央では未勝利のまま地方へ

スイープトウショウ2011(牝):ビジュートウショウ(父ディープスカイ)
11戦1勝だが1勝は名古屋競馬場でのもの

スイープトウショウ2012(牡):レガッタ(父ディープインパクト)
僅か3戦1勝で引退…

スイープトウショウ2013(牡):トウショウビクター(父ステイゴールド)
4戦1勝の現役馬…

スイープトウショウ2014(牡):スイーズドリームス(父ディープインパクト)
4戦1勝の現役馬…

スイープトウショウ2015(牡):スイープトウショウ2015(父オルフェーヴル)
オルフェーヴル産駒となる2015はまだ馬名すら決まってなく未出走。

と、非常にともどかしい状況ですね。

血統的に気性面の問題もあるだけにそこさえ改善すれば…
ただ、ノーザンファームが絡めば変わるかも!?
馬体重は470キロ前後との事で、
父は近年活躍馬が多く輩出されるハーツクライとなり、
馬主は年明け存在感をアピールしたシルクレーシングに、
管理が藤沢師とこれは期待の1頭という事でしょうか。

1頭でいいからこの母から後継となる活躍馬が出て欲しいのが本音。
POG指名はやはり兄弟の結果から厳しそうなので避けますが、
6月生まれデビューはやや遅目かな?
母スイープトウショウの血で活躍を期待したいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする