クイーンC勝ち馬のテトラドラクマが牝馬クラシック第一弾の桜花賞(G1)を回避し、NHKマイルC(G1)へ…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

G3のクイーンCで重賞初勝利となったテトラドラクマですが、
レース後の反動が大きいという事で桜花賞は無理せず、
NHKマイルCに向けて調整されるコメントをされてますね。

馬名:テトラドラクマ(3歳・牝馬)
馬主:吉田勝己氏
管理:小西師
父:ルーラーシップ
母:リビングプルーフ
母父:ファルブラヴ
重賞勝利:デイリー杯クイーンC(2018年)

いやぁ、無理をできなのは百も承知ですが牝馬クラシックは…
先週のチューリップ賞で阪神JF勝ち馬のラッキーライラックが、
阪神JF2着のリリーノーブルと3着のマウレア相手に強い勝ち方をした事、
そして同馬が回避で更にラッキーライラックに人気が集中しそう。

ラッキーライラック相手に立ち向かえそうなのは…、

馬名:アーモンドアイ(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:国枝師
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
重賞勝利:シンザン記念(2018年)

と、A級クラスの牡馬相手ではなかったにせよ牡馬相手に勝利。
また、デビュー3戦が全て最速の上りで鋭い脚を魅せており、
鞍上は強力ルメールJで桜花賞制覇へ虎視眈々ですが、
シンザン記念からの直行がどう出るかが気になるところですね。

他には…

馬名:プリモシーン(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:木村(哲)師
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:ファストネットロック
重賞勝利:フェアリーS(2018年)

が、回避したテトラドラクマを未勝利戦で破り、
重賞勝ちとなってますが予定では戸崎Jで桜花賞直行と
不安材料も残りますがこの辺りでしょうか?

疲労困憊でテトラドラクマが回避したのは非常に残念ですが、
現時点ではラッキーライラックの強さが際立つクラシック牝馬路線。
配当的にもっと強い馬が出てくる事を願いたい私です^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする