「ラフィアンターフマンクラブ」の馬が、宮本博厩舎から『意見の相違!?』により5頭全て転厩へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

そういえば、少し前の話になりますが、
マイネル軍団でお馴染みのラフィアンターフクラブですが、
預託先の宮本厩舎から全5頭の転厩が決まった様ですね。

5頭は下記になりますが、

マイネルプレッジ(牡7) 高橋(祥)師へ転厩
45戦1勝 父ステイゴールド×母父アンバーシャダイ
1勝馬ではあるが2着8回、3着8回の実績。

フロムマイハート(牝5)  水野師へ転厩
26戦3勝 父ハーツクライ×母父アグネスデジタル
スイートピー(OP)2着の実績馬

ヴェッセル(牝3) 和田(勇)師へ転厩
4戦0勝 父マツリダゴッホ×母父テオフィロ
先月の2月17日(土)取消レース(小倉4Rを出走取消)となりましたね。
理由が疝痛の治療で使用した規制薬物投与が判明した。
これは痛いですね…

マイネルリャードフ(牡2)  田所師へ転厩
0戦0勝 父トーセンラー×母父キングズベスト
今年デビュー予定のトーセンラー産駒で興味津々な配合です。

マイネルプリサイス(牡2) 転厩未定
0戦0勝 父プリサイスエンド×母父ホラーティウス
母からは活躍馬が出てない仔になりますがダートが向くかな?

※詳細はサイトで確認ください^^;

こんな感じになりそうですね。
マイネルプリサイスだけがまだ転厩先が決まってなさそうですが、
何れにせよ既に4頭が決まってるだけにやはり宮本師から、
マイネルの馬の撤退は本当の様ですね。

原因は、サイトには「意見の相違」という事でが、
一部ではヴェッセルの規制薬物を使って出走した事が…
と、噂されてます。

宮本師は記憶に新しい先月の頭に行われたG2京都記念で、
自身の管理する、

馬名:クリンチャー(4歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:宮本師
父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
母父:ブライアンズタイム

で、皐月賞馬アルアイン、日本ダービー馬レイデオロ、
エリザベス女王杯馬モズカッチャン、秋華賞馬ディアドラの
G1馬4頭を重賞未勝利の身ながら蹴散らし勝利させました。

3月4日現在で全国リーディング9位につけ友道師と並ぶ8勝と今年好調。
今年はそのクリンチャーと共に勢いに乗ろうかとういうところで
この転厩は精神的にちょっと痛いですよね…
事情が色々とあるといはいえ、折り合えるところはなかったのだろうか…
共に大きなものを失ったと思ってる私です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする