2018年 阪神大賞典(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

今週末18日(日)に天皇賞・春の優先出走権が得られる重賞戦、
阪神大賞典が阪神競馬場で行われます。
頭数が少なくG1の前哨戦というのにこのメンバーは寂しいところ。
それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪阪神競馬場 阪神大賞典(G2) 芝3000メートル≫

クリンチャー:父ディープスカイ×母父ブライアンズタイム 武(豊)J

サトノクロニクル:父ハーツクライ×母父インティカブ 川田J

アルバート:父アドマイヤドン×母父ダンスインザダーク 福永J

レインボーライン:父ステイゴールド×母父フレンチデピュティ 岩田J

カレンミロティック:父ハーツクライ×母父エーピーインディ 池添J

トミケンスラーヴァ:父タイキシャトル×母父デヒア 秋山J

ヤマカツライデン:父シンボリクリスエス×母父ダンスインザダーク 松山J

シホウ:父キングカメハメハ×母父デインヒル 小牧J

地スーパーマックス:父リーチザクラウン×母父マリブムーン 山口(勲)J

と、なってますね。

1番人気は…前走G1馬4頭をも倒したクリンチャーで間違いないでしょうね。
鞍上も武(豊)Jに乗り替わりここは菊花賞で魅せた結果から、
勝ち切る可能性が高そうな気はしますね^^;

2番人気は川田J騎乗のサトノクロニクルか、
不振岩田J騎乗のレインボーラインと思ってます。
アルバートに関しては距離がもっとあった方が良いと思ってる私ですが、
きても馬券圏内かな?というイメージですね。

しかしG1に向けての前哨戦がこのメンバーは残念。
毎年そうですがフルゲートで争う時代になると楽しいのですが、
弥生賞、金鯱賞に続き3週連続堅い結果で終わって欲しくないと願う私です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年間連続プラス収支を達成している競馬データをお届けします。

脅威の的中精度で、頑張らなくても
自然にプラス収支が簡単に目指せる
↓最新競馬データを無料で見る↓
※無料公開中※
—————————–

どんな競馬データなのかをお話しする前に、
まずは直近の的中実績をみてください。

6月 3日 東京 1R  82,490円 的中
6月 2日 東京 7R  22,980円 的中
5月27日 東京12R 197,190円 的中
5月26日 京都 6R 176,080円 的中
5月20日 新潟 8R  53,110円 的中
5月19日 京都10R  62,510円 的中
5月13日 京都 7R  82,080円 的中
5月12日 新潟10R 139,290円 的中

的中が多すぎて全てを載せる事ができません。

なぜなら、この競馬データをみれば、
なにも悩むことなく1日平均10レースも
3連単を的中させることが出来るのですから。

的中率でいうなら、【約40%】

つまり、この競馬データを知ったあなたの競馬は
3連単が3回に1回的中するようになります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬で最も難しい3連単がこんなに当たるなんて、
簡単には信じられないことでしょう。

なので、サイト内に過去3年間で的中したレースも、
不的中のレースも全て公開しています。

ぜひ、あなた自身の目で確かめてみてください。

3年間ずっとプラス収支を達成しているという
言葉に嘘偽りがないことがわかるはずです。

↓最新競馬データを無料で見る↓
※無料公開中※

ここまで読んで、今あなたは、
二つの疑惑が浮かんだかもしれません。

・ガチガチの堅い予想なんじゃないの?
・購入点数が200点も300点もあるんじゃないの?

私はこの二つの可能性について、
声を大にして<否定>します。

上で紹介した実績をみてください。
堅い予想では10万馬券はとれません。

そして、サイトでこれまでの実績をみてください。
3連単の場合、36点~60点で的中が狙えるということに
気が付くでしょう。

まとめると、

・3連単が3回に1回的中できる
・穴馬も的確にとらえて、10万馬券を演出
・点数は36点~60点でOK

こんな競馬データをお届けします。
無料でためすことができるので
まずは使ってみてください。

↓  1日最大18レースの    ↓
↓ データが無料で見られます  ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする