【スプリングS2018】驚異の成績を誇る藤原(英)師が送り込むオルフェーヴル産駒のエポカドーロが気になる…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末行われる皐月賞TRのスプリングSに出走する
オルフェーヴル産駒のエポカドーロが気になって仕方ない…

馬名:エポカドーロ(3歳・牡馬)
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
管理:藤原師
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー

実は、密かに穴馬として狙う予定ではあったが
まさかのアチコチで記事になっており穴人気しそうな雰囲気。

デビュー戦(1800m)は北村(友)Jが2番手で競馬をし、
3着に敗れたものの3か月の期間を空けた次走、
3歳未勝利(1600m)は福永Jを背に逃げて2着に2馬身1/2差を勝利。
そして前走あすなろ賞(500万下/2000m)では戸崎Jに乗り替わり、
これまた逃げて2着に3馬身半差をつけての勝利で3戦2勝。

無傷の4連勝で牝馬クラシック最有力候補のラッキーライラックと同様、
父オルフェーヴル産駒となり産駒の勝利数はロードカナロア産駒に
劣るものの一発型の種牡馬としては興味のある私。

そして母のダイワパッションはデビュー4戦目に2歳未勝利を勝ち上がると、
一気にフェアリーS(1200m)、フィリーズレビュー(1400m)を制し
4連勝で桜花賞に挑み4番人気に支持されるも16着と厳しい結果となった。
母だけを見ると短距離の早熟感も見え隠れするが、
父オルフェーヴルの活躍から晩成とはいわずとも普通型!?
そして、前走で2000mを勝ち切った内容から距離に関しては問題なさそう。
更に中山コースとなれば権利獲りの確率も上がりそう。

とどめに後押しするのが藤原師の今年の成績。
2018年3月11日現在で、
・全国リーディング20勝の1位
・勝率驚異の31.7%と新規開業調教師の武幸四郎(2戦2勝)、
田中淳司師(1戦1勝)を除けば角居師、堀師、池江師等を寄せ付けない首位。
・連対率も驚異の50.8%で新規開業調教師を除けば1位。
・先週が10頭出走しで土曜4勝、日曜2勝と6勝の固め打ち。
もう3月というのにこの数字はかなりの驚異では!?
1頭1頭確実に勝ちに来てるパターンが見受けられ、
強敵ステルヴィオがいるがこのエポカドーロも勝ち切る可能性、
そして馬券圏内の可能性は大と思ってます。

その藤原師が今週末の3歳重賞に3頭スタンバイ。
中山で行われるフラワーC(G3)に、

馬名:インヴィジブルワン(3歳・牝馬)
戦績:6戦1勝
馬主:サンデーレーシング
父:ディープインパクト
母:ワールドリープレジャー
母父:デヴィルヒズデュー
鞍上:三浦(皇)J

が出走予定で、
中京のファルコンS(G3)には、

馬名:〇外ミスターメロディ(3歳・牡馬)
戦績:4戦2勝
馬主:グリーンフィールズ
父:スキャットダディ
母:Trusty Lady
母父:デピュティミニスター
鞍上:福永J

と、特にこのミスターメロディに関してはダート4戦2勝馬を、
初芝に参戦させるあたりぷんぷん勝負気配が漂います。
が、鞍上福永J予定なんですね…^^;

クラシックへ向け3歳重賞へ更に攻勢をかける藤原師。
今週の結果、そしてどこまで勝率等の数値を伸ばせるか。

今週末が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする