【スプリングS2018】コスモバルク以来となるホッカイドウ競馬所属ハッピーグリンの一発は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末、皐月賞のTRとなるスプリングSが阪神競馬場で行われます。
注目馬はステルヴィオやサトノソルタス、
そしてルーカスやゴーフォザサミットとなりそうですが、
個人的に注目してるのは…

馬名:□地ハッピーグリン(3歳・牡馬)
馬主:会田裕一氏
管理:田中(淳)師
落札額:800万円
父:ローエングリン
母:レディセラヴィ
母父:アグネスタキオン

ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリンです。
デビューからダート4戦で【2200】ながら4戦全て上り最速。
続く中央への初芝参戦でOPのコスモス賞とすずらん賞では共に3着。
先のコスモス賞では勝ち馬ステルヴィオに0.2秒差の3着と力を魅せました。

年が明け今年の初戦は中央のセントポーリア賞(500万下)でしたが、
弥生賞5着のリビーリングに1馬身1/4差をつける勝利。
そして中央のクラシックへ向けスプリングSに参戦してきます。

因みにこの馬、2015年に開催されたセレクトセールにて、
800万円で落札されたという格安の馬主孝行馬ですね^^;
当時の最高価格は1億8000万円で落札された、
ディープインパクト産駒のダノンチェリーですが、
現在は3戦で芝2戦が7、6でダートにトライも6着で、
勝ち馬から2.8秒差…の3敗中でかなり厳しい状況と、
高額であればよいという訳でもない事を証明してますが、
個人的に格安馬は「ある一定の段階で止まる」という、
イメージもあるだけにこのハッピーグリンが大物になって欲しい!
と、期待してるところでもあります。

また、同ホッカイドウ競馬からはラジオたんぱ杯2歳Sや弥生賞、
セントライト記念も勝ちシンガポール航空国際CでG1勝利となった、

馬名:コスモバルク
父:ザグレブ
母:イセノトウショウ
母父:トウショウボーイ
G1勝利:シンガポール航空国際C(2006年)

以来ですし、あれから14年ですが
ハッピーグリンがこのスプリングSでどんな結果を出すのか、
非常に興味深々な私です。

当日が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする