2019年 弥生賞(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末の3月3日(日)には中山競馬場でクラシック皐月賞のTR戦となる弥生賞(G2)が開催されます。ここにはホープフルSで3着と力を魅せたニシノデイジーが始動戦となりますが、超良血馬でまだ未対戦の有力馬が激突する一戦でこれはかなり楽しみではあります。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 中山競馬場 弥生賞(G2) 芝2000メートル ≫

カントル:父ディープインパクト×母父キングカメハメハ MデムーロJ

サトノラディウス:父ディープインパクト×母父デインヒルダンサー 武(豊)J

ニシノデイジー:父ハービンジャー×母父アグネスタキオン 勝浦J

ブレイキングドーン:父ヴィクトワールピサ×母父ホワイトマズル 福永J

ラストドラフト:父ノヴェリスト×母父ディープインパクト ルメールJ

ヴァンケドミンゴ:父ルーラーシップ×母父アグネスタキオン ミナリクJ

シュヴァルツリーゼ:父ハーツクライ×母父モンズーン 大野J

メイショウテンゲン:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 池添J

ナイママ:父ダノンバラード×母父ジャングルポケット 柴田(大)J

となってますね。

上位人気になりそうなのは、札幌2歳Sに東スポ2歳Sを勝ち、G1ホープフルSで サートゥルナーリアに0.3秒差の3着となったニシノデイジーでしょうか?と、?にしたのは未知の対戦ながら超良血馬で魅力的な2戦2勝で京成杯(Gで3)を制しルメールJ騎乗のラストドラフト、金子氏所有で4戦2勝でワグネリアンがいる血統のカントルもかなり人気しそうですが、さすがにニシノデイジーの方が1番人気にはなりそうな気はしてますが。

その他にはホープフルSでは5着に敗れたものの、デビュー2戦目でプラス18キロながら2着に好走した福永J騎乗のブレイキングドーン、里見氏が送り込むディープインパクト産駒の武(豊)J騎乗のサトノラディウス等が上位人気しそうですね。

そんな中、個人的に興味をそそられるのがメイショウテンゲンでしょうか。前走はきさらぎ賞で勝ち馬ダノンチェイサーに0.5秒差の5着と敗けましたが、堅実さは魅力なのと池添Jの一発を期待したくなります。

何かJRAには対策をしてもらいたいところですが出走予定馬が少なすぎるので、頭数的にこちらも3連単10万馬券は見込めなそうですが、皐月賞でサートゥルナーリアの牙城を崩すべく未知の魅力馬が出てくるか期待したいところですね。

当日が楽しみ!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする