【POG】ルーラーシップ産駒で母ワーキングウーマンの2016となるレイバーリフォームの3歳情報

明けましておめでとうございます、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。
本年も宜しくお願い致します。

さて、新年一発目のブログもPOG情報となりデビューがいつになるやら…というのもあるが興味のある血統。父はルーラーシップで母がワーキングウーマンの2016となるレイバーリフォームを紹介したいと思います。

馬名:レイバーリフォーム(3歳・牝馬)
馬主:G1レーシング
管理:小島(茂)師
父:ルーラーシップ
母:ワーキングウーマン
母父:フジキセキ
出走予定日:2019年1月5日(土) 京都 芝1800m
鞍上予定:福永ジョッキー

父のルーラーシップの2018年は昨秋にキセキが天皇賞・秋(G1)で3着、ジャパンカップ(G1)ではあのアーモンドアイの2着で猛烈な好タイム、そして有馬記念では外枠から5着と見せ場十分と活躍しましたし、テトラドラクマがクイーンC(G3)を制した種牡馬ですね。ただ、母のワーキングウーマンは通算20戦4勝で1600万下で頑張るも、結果が出せず引退・繁殖入りしました。

その母、ワーキングウーマンからは、

2011年:ディーセントワーク(父シンボリクリスエス/牡馬)
2012年:ワーキングプライド(父ハービンジャー/牝馬)
2013年:ワーキングホリデー(父クロフネ/牡馬)
2014年:ワーキングウーマン2014(父タートルボウル/牝馬)

と、3頭の中央デビューと残念ながらワーキングウーマンの2014はお亡くなりになった様です。初仔のディーセントワークは通算54戦5勝と中央でデビューも現役で頑張ってますね。続く2番仔のワーキングプライドは通算15戦4勝で15戦中11戦が上がり3位以内と堅実な脚がありましたが、結果的に1000万下を勝って、さぁこれから!!という時に屈腱炎で離脱。。。そして3番仔のワーキングホリデーですが通算34戦0勝で地方で現役もかなり厳しい状況ですね。

そして2016となるレイバーリフォームは父がルーラーシップとの配合馬ですが、
この配合は興味をそそられてたのですがデビューが遅れた原因は、『胃潰瘍』で手術をし全治6ヶ月程度の休養になったのは痛かった。ですが、手術も成功し無事で何よりですね。2018年の12月中旬に美浦へ戻ってきてますので調教を積んでクラシックに間に合うかはともかく、この血統からどんな結果が出るのか興味のある1頭です。

後はデビューがいつになるか?ですが、調教をしっかりこなしてデビュー戦を迎えて欲しいですね!しかし、ルーラーシップとの配合は合いそうな気がしてホント気になる…^^;

それでは本年も何卒、宜しくお願い致します。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする