2019年 阪神大賞典(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末の3月17日(日)には、阪神競馬場での天皇賞・春に向けた前哨戦となる阪神大賞典が開催されます。さすがにこの距離の需要(価値)が少なく、登録頭数もかなり少ないですね。。。また、長距離のメンバーもそこまで代わり映えがしないだけに個人的には面白味も…それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 阪神競馬場 阪神大賞典(G2) 芝3000メートル ≫

シャケトラ:父マンハッタンカフェ×母父シングスピール 戸崎J

アドマイヤエイカン:父ハーツクライ×母父フレンチデピュティ 岩田J

○地リッジマン:父スウェプトオーヴァーボード×母父カーリアン 蛯名J

ロードヴァンドール:父ダイワメジャー×母父ストームキャット 横山(典)J

ヴォージュ:父ナカヤマフェスタ×母父タニノギムレット 和田J

ステイインシアトル:父ステイゴールド×母父ビロングトゥミー 浜中J

ソールインパクト:父ディープインパクト×母父エクスチェンジレート 福永J

コルコバード:父ステイゴールド×母父エンドスウィープ デムーロJ

ケントオー:父ダンスインザダーク×母父トウカイテイオー 幸J

カフジプリンス:父ハーツクライ×母父シンボリクリスエス 未定

サイモンラムセス:父ブラックタイド×母父マヤノトップガン 未定

となってますね。

上位人気は、長期復帰戦でいきなりの激走を魅せた戸崎J騎乗のシャケトラでしょうか。フィエールマン、ジェネラーレウーノ、ダンビュライトなどを抑え込み勝利したのは素晴らしい一戦でした。続いて、昨年の長距離戦ステイヤーズSで初重賞制覇をし、次走の有馬記念ではG1の壁が高かったか12着と敗れた蛯名J騎乗のリッジマン、ステイヤーズSの後の万葉Sででまさかの7着に敗れたアドマイヤエイカンは岩田Jに乗り替わりで参戦、ディープインパクト産駒ながら3000m超えでは安定感がある福永Jのソールインパクト辺りが上位人になりそうですね。

そこからデムーロJが騎乗するというコルコバードや、万葉S勝ちで和田J騎乗のヴォージュ、個人的に気になるステイゴールド産駒で浜中J騎乗のステイインシアトル等もいます。波乱という感じはあまりしないレースですが、天皇賞・春に向けどの陣営も好発進できるといいですね。

どんな結果となるか楽しみですね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする