2019年 札幌2歳ステークス(G3) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

札幌競馬場で行われる札幌2歳S(G3)が8月31日(日)に開催されます。思ったより頭数が少ないのが残念ですが、どの馬が重賞制覇となるか楽しみですね!そんな中、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 札幌競馬場 札幌2歳ステークス(G3) 芝1800メートル ≫

ゴルコンダ:父ヴィクトワールピサ×母父グレープツリーロード ルメールJ

カップッチョ:父ジョーカプチーノ×母父ウイニングチケット 江田(照)J

サトノゴールド:父ゴールドシップ×母父フサイチペガサス 武(豊)J

ダーリントンホール:父ニューアプローチ×母父ピヴォタル 池添J

ディアセオリー:父サムライハート×母父ソウルオブマター 藤岡(祐)J

レザネフォール:父キングカメハメハ×母父スペシャルウィーク 三浦(皇)J

アールクインダム:父ローズキングダム×母父キャプテンスティーヴ 横山(武)J

コスモインペリウム:父トランセンド×母父ネオユニヴァース 丹内J

コンドゥクシオン:父ダイワメジャー×母父トニービン 丸山J

ブラックホール:父ゴールドシップ×母父キングカメハメハ 石川(裕)J

エイリアス:父ロードカナロア×母父サンデーサイレンス 柴山J

となってます。

上位人気はルメールJ騎乗のゴルコンダでしょうか。というのも新馬戦でワーケアの3着でしたが先着を許した2着のウインカーネリアンが7着となると…、やや気になりますが前走最速の上がりで快勝したルメールJが継続騎乗で人気はしそうですね。その他には武(豊)J騎乗のゴールドシップ産駒サトノゴールドや、池添J騎乗のニューアプローチ産駒となるダーリントンホールあたりでしょうか。

穴馬は…と言いたいところですがこの頭数ですからね。じっくり考えて吟味したいと思います。今年はやや小粒な感じがするのは気の所為だろうか?理由はどうであれば新潟2歳Sでモーベットが敗れてしまうという2歳戦はやはり未知。

波乱を期待したい私で、本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする