【POG】リアルインパクト産駒で母シンハリーズの2020となるジャミーレの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母からオークス馬や、重賞勝ち馬を出した血統です。父はリアルインパクトで母シンハリーズの2020となるジャミーレをご紹介したいと思います。

ジャミーレのプロフィール

馬名:ジャミーレ(3歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:斉藤(崇)師
募集額:3,200万円
生産:ノーザンファーム
父:リアルインパクト
母:シンハリーズ
母父:シングスピール
デビュー予定日:2023年1月15日(日) 小倉 芝1200m
鞍上予定:団野ジョッキー

先週は勝鞍なし…

父はリアルインパクトで、先週3日間開催への出走馬はなし。また未勝利戦には4頭出走し、アヴェッリーノが3着にイナホが7着、ナウズザタイムが8着とテイエムインパクトが10着。また、黒竹賞(1勝クラス)にはシェットランドが出走し12着で、コチラも3歳1勝クラスにてオーロイプラータが7着と産駒として残念ながら勝鞍を挙げる事ができませんでした。この2020世代で現時点の産駒筆頭格は、賞金的には門別デビューでクローバー賞(9着)に出走のプルタオルネですが、中央では新馬勝ち→函館2歳S(G3)4着で長期放牧中?のゴキゲンサンや、新馬勝ち→つわぶき賞(1勝クラス)3着のモズメイメイ等もいますが活躍とまでは…産駒としてはラウダシオンだけが突出してる印象ですが、産駒から活躍馬がもっと出てくるといいですね。

母からG1馬に、重賞勝ち馬2頭を輩出

母はシンハリーズで英国産のシングスピール産駒。現役時は、デルマーオークス(G1)勝ち馬でアメリカンオークスの3着馬。通算12戦3勝で引退から繁殖入りで、セールに上場され吉田勝己氏により落札かた日本へ。その繁殖生活で代表産駒は、オークス勝ちの2013のシンハライト(父ディープインパクト/牡馬)でしょう。脚元の怪我さえなければ…と思わせる素晴らしい牝馬でした。また、2009のアダムスピーク(父ディープインパクト/牡馬)や2011のリラヴァティ(父ゼンノロブロイ/牝馬)も重賞勝ち馬を輩出。その他も重賞2着や4勝を挙げる馬が2頭等など出しています。因みに12番仔の2021はキズナの牡馬、13番仔の2022はサトノダイヤモンドの牝馬が誕生しており息の長い繁殖生活で頑張っていますね。

スプリント戦デビューも好勝負か!?

そんな中、リアルインパクトを配合されたジャミーレが今週末デビューを予定としています。預託先は、2019のスリーパーダ(父ミッキーアイル/牝馬)にて小倉2歳S(G3)で2着に導いている斉藤(崇)師との事。デビュー戦は15日(日)の小倉芝1200mで、鞍上は団野ジョッキーを予定となってますね。マイルデビューのイメージも陣営はスプリント適正の方が上?、それとも“除外”の可能性も考慮して番組の関係という感じでしょうか?。調教の動きは良く好時計を叩きだしており、初戦から態勢は整ってる印象。この血統なら大きなところも期待したくなり、初戦から好勝負を期待しています。

タイトルとURLをコピーしました