【POG】ロードカナロア産駒で母ヴィブロスの2020となるヴィンセドリスの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

秋華賞とドバイターフ勝ちの母の初仔となります。父はロードカナロアで母ヴィブロスの2020となるヴィンセドリスをご紹介したいと思います。

ヴィンセドリスのプロフィール

馬名:ヴィンセドリス(3歳・牡馬)
馬主:佐々木主浩氏
管理:友道師
生産:ノーザンファーム
父:ロードカナロア
母:ヴィブロス
母父:ディープインパクト
デビュー予定日:2023年1月15日(日) 中京 芝2000m
鞍上予定:坂井(瑠)ジョッキー

先週は2勝とフェアリーSで3着

父はロードカナロアで、3日間開催での新馬戦には4頭出走。アルジーヌが1着で同レースのアルタビスタは4着、そしてサラアデールは10着にヴィクトリーロード11着でした。3歳未勝利戦には大挙11頭が出走し、ワイアウが1着でスティルディマーレとカイザーブリッツが共に2着。ロイヤルナタールが4着にマチカゼが5着等などと掲示板に載った馬のみ記載。その他にも黒竹賞(1勝クラス)ではアフトクラーティアが11着に、3歳1勝クラスにはグランテストが2着。更にフェアリーS(G3)にはスピードオブライトが出走し3着と好走。産駒としては全体で計2勝を積み上げる事ができました。そのスピードオブライトですが、1・2着馬に0.3秒差なら成長や展開が向けば…と思わせる内容。距離適正はマイル以下と思うが、桜花賞へ向け頑張って欲しいですね。

母は海外含むG1・2勝と海外G1で2着3回の実績

母はヴィブロスとなりディープインパクト産駒ですね。現役時は2戦目で未勝利を勝ち上がるも、思うような戦績が出ない中3歳夏頃からグングン力を付け紫苑S(G3)で2着から牝馬クラシック最終戦の秋華賞(G1)を制覇。年が明けドバイターフをモレイラジョッキーで勝利でG1・2勝目を挙げ、以降も2018,2019のドバイターフに香港マイルで全て2着と惜しい競馬通算17戦4勝で引退から、繁殖入り。そしてこの2020産が初仔となります。因みに2021はモーリスの牡馬が、2022は初仔と同様ロードカナロアの牡馬が誕生していいます。

初仔だが、母と同じ馬主×調教師で…

そんな中、ロードカナロアを配合された初仔のヴィンセドリスが今週末デビューを予定としております。馬主はハマの大魔神こと母も所有した佐々木主浩氏で、預託先は母ヴィブロスを管理の友道師ですね。ゲート試験が11月下旬に合格してこの時期にデビューとなり遅くなりましたが、骨折が響くも新馬戦のある内にデビューは前向きに捉えたいところ。そのデビュー戦は、15日(日)の中京芝2000mで鞍上が坂井(瑠)ジョッキーを予定は想定外ですが昨年G1勝ちをし一皮むけた手腕に期待ですね。初仔ながら母をも大きく上回る馬体が500キロ近くあり、追い切りも動きは良い模様。最近佐々木氏の馬から活躍馬が出てない状況だが血統的にも期待したい1頭ですね。初戦が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました