【スプリンターズS 2019】タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ディアンドル、ファンタジストは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は秋のG1第一弾となるスプリンターズS(G1)が中山競馬場で開催されます。ステルヴィオにグランアレグリアの回避は非常に残念ですが、穴党にの出番がありそうなメンバー構成となり非常に興味を楽しみではあります。春競馬に続き、また勝手ながら数頭を検証してみたいと思います。

先ずは、

馬名:タワーオブロンドン(4歳・牡馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:藤沢師
父:レイヴンズパス
母:スノーパイン
母父:ダラカニ
鞍上予定:ルメールジョッキー

朝日杯FSで3着やアーリントンC、京王杯SC勝ちがありながら3走前から1200mに矛先を向けてきた。3、2、1着と確実に慣れも見込め結果も出してきたのは適正の高さも証明し3先全て上がり最速。実力は1枚上な気もするが、どうも京王杯SCから4戦使われ前走のセントウルSはレコードVと、ミスターメロディやイベリスを相手に3馬身差の圧勝劇は強さを認めるが連戦で余力はどうか気になるところです。また、予想に心情的な話をしても仕方ないのだが鞍上は浜中J想定となっていたが、蓋を開ければグランアレグリアの回避で浜中Jはイベリスへ。主戦のイベリスに乗れるとはいえ複雑な心境なはず…個人的に取り捨てはまだ決めてませんが複雑です。

続いては、

馬名:ダノンスマッシュ(4歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:安田(隆)師
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
鞍上予定:川田ジョッキー

昨年のスプリントに転向後安定しキーンランドCで2着尾後はスプリント重賞2連勝で今年の高松宮記念で1番人気。奇しくも4着に破れ主戦北村(友)Jから絶好調川田Jへ乗り替わりの前走が、タワーオブロンドンを抑えスプリント重賞3勝目。今年の川田Jは信頼度が高くまた鞍上強化は間違いない。陣営もサンデー系のない血統で種牡馬にしたいはずで勲章を獲る上でここは必勝体制と思う。現時点では予想の候補に入れたいと思っています^^;

そして、

馬名:ディアンドル(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:奥村師
父:ルーラーシップ
母:グリューネワルト
母父:スペシャルウィーク
鞍上予定:藤岡(祐)ジョッキー

3歳牝馬ながら果敢に格上挑戦をしてきた陣営だが、スプリント戦を2歳未勝利から、カンナS(OP)と、クリスマスローズS(OP)、マーガレットS(L)、葵S(G)と5連勝の勢いで前走の北九州記念で古馬相手に52キロの恩恵もありながらダイメイプリンセスに0.2秒差の2着は立派。ゆったりしたローテーションに斤量が53キロはかなり魅力的。鞍上も今年は函館2歳Sと阪急杯の勝鞍はあるものの昨年に比べあまり活躍が見られないが、2走前に勝った藤岡(祐)Jに戻り鞍上がそろそろアッと言わせる場面があっても!?人気が読めないが、現時点ではかなり気になってる1頭です^^;

最後に、

馬名:ファンタジスト(3歳・牡馬)
馬主:廣崎利洋氏
管理:梅田師
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
鞍上:武(豊)ジョッキー

正直、前走7番人気で穴馬に推したが見事2着と期待に応えてくれた。同馬は1800mのスプリングSで2着となった事で皐月賞13着、NHKマイルC13着と距離が長すぎた印象で厳しい結果を強いられた。2走前の北九州記念は出遅れで度外視で期待した前走が、和田Jを背にタワーオブロンドンに0.5秒差はつけられたものの2着を確保し、この本番へ。主戦武(豊)Jが乗れそうなリナーテでもなく、モズスーパーフレアでもなくファンタジストを選んだ!?のならば、再度慣れの見込めるスプリント戦で馬券圏内として現時点では気になります^^;

しかし“俺の当たる競馬予想”は、5頭しか選べない予想だけに、このメンバーから5頭…どう絞るかかなり悩みます…が予想的中に向けて頑張ります。はい、という事で、勝手ながら気になる存在を検証してみました。

さてさて、どんな結果になるのか楽しみです!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

  • うまとみらいと 本命党も穴党も必ず満足できる

    どんな予想スタイルにも完全対応。
    競馬予想に必要なものはココに全てあります
    毎週平均200名以上がプラス収支を達成している

競馬ニュース
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました