2020年 京成杯(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないのゼノヴァースは撃沈してくれましたが…><
そんな私の予想は、

◎ ⑩ビターエンダー 4着(4番人気)
前走未勝利を勝っての参戦だが新馬戦は出脚がつかず後方2番手からの競馬で直線で差を詰めるも3着まで。続く前走がスタートがまともに出ると初戦とは違い3番手からの競馬で直線で脚を伸ばし3馬身差で初勝利。状態は絶好調で3戦目の伸びしろに期待してみる。

○ ④ロールオブサンダー 7着(5番人気)
新馬戦が11番人気、そして紫菊賞が6番人気でデビュー2連勝から挑んだ前走京都2歳Sでは3番人気で3着。1、2着馬には離されたが馬体重プラス20キロの成長分も影響したかも?今回は同型の中では最内枠で単騎逃げは濃厚。持ちタイムは微妙も今の中山なら更にパワーアップしたという成長に期待してみる。

▲ ⑦ディアスティマ 3着(6番人気)
母父ストリートセンスという事でダートっぽいイメージが強いが奥のありそうな血統背景。新馬戦では後の阪神JFで3着のグランレイを完封、そして前走は3番手から前を捉えきれず後ろからも差されたが、鞍上はテン乗りもシュタルケJなら好勝負まで期待したい。

△ ⑧ヒュッゲ 10着(2番人気)
友道師が皐月賞向きと言わしめる同馬だが、新馬戦は後方から競馬で6着もその後逃げた2戦は逃げて完勝。特に前走出世レースのエリカ賞をレースレコードで快勝と好内容。ただ同型の兼ね合いが気がかりも、陣営の番手で大丈夫を信じるしかない。鞍上は和田Jになり再度期待してみる。

× ⑫スカイグルーヴ 2着(1番人気)
新馬戦をマイペースで逃げて5馬身差の圧勝となった訳だが…危険な人気馬というのは百も承知。父エピファネイアの昇級戦というのと気性的に気になる血統でもあるが…ゼノヴァースよりコチラのルメールJ。またこのメンバーであれば…あっさりか撃沈か?の紙一重だが、クラシックを盛り上げるべく超良血馬に期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線外から強烈な脚で差し切った7番人気のクリスタルブラック、
2着は早めに抜け出しお仕切りを図った1番人気のスカイグルーヴ、
3着は馬場の真ん中から脚を伸ばした6番人気のディアスティマでした。

我が本命の◎ビターエンダーですが結果4着となりました。スタートはちょい遅れたが悲観する感じではなくスッと二の脚で進路を探すも1角でまさかの最後方…。道中は後方4番手で馬群の中で脚を溜める追走となり折り合いはついていましたね。3角で徐々にポジションを挙げていき直線へ。離れた前を追いかけ上がり2位の脚を使うも結果的に馬券圏内に入れずの4着。

馬券的には…言い訳を1つだけ。クリスタルブラックからロールオブサンダーに変えた自分がバカでした。ロールオブサンダーがあそこまで突かれるとは思わず、単騎逃げのマイペースで行けるかなと思ってましたが、ヒュッゲは結果10着に飛び、力のあるスカイグルーヴは2着を確保。それにしてもキズナ産駒のクリスタルブラックの脚は強烈でしたね。皐月賞の舞台で現時点で2強のサリオスやコントレイル相手にこの脚は本番で驚異になるかも!?クラシックへ新星誕生で先々が楽しみなりましたね。馬券は…ホント無念です。今年の競馬は予想時点で外した馬の好走が多く、取り捨てが下手ですね。まだ先は長く回収は気にしてませんが、大きな一発を来週こそ!

その来週はAJCCにブラストワンピースが川田Jで参戦予定、そして東海Sではインティが武(豊)Jで参戦予定です。今年の指導戦として実力馬が結果を出してくるか楽しみではありますが、仕上げは七八分程度でしょうから波乱の可能性十分ですね。高配当の的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました