2020年 日経新春杯(G2) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないアフリカンゴールドは飛びましたが…^^;
そんな私の予想は、

◎ ③マスターコード 8着(8番人気)
3勝クラスを3戦し5、2、6着と勝ち馬とは0.5秒差までしか離されず上がりは3位以内と力を出している。今回は更に格上挑戦でG2のハンデ戦となるが距離【1100】に京都コース【1101】の好相性、更に53キロの斤量で枠も内枠と、希望は前目の競馬もテン乗り幸Jに託し好結果を期待する。

○ ⑪サトノガーネット 6着(7番人気)
4~2走前の牝馬限定戦で6、8、9着で敗因は色々あるとしても前走の牡馬混合戦で大外一気で重賞勝ち。今回も牡馬混合戦で京都【1213】で2400mは阪神ながら最速の上がりで勝利と1戦1勝。今の重い京都がどう出るか?だがこなせるとみて期待する。

▲ ⑦タイセイトレイル 4着(4番人気)
重馬場で全く馬場が合わず、15着の大敗まで喫した前走のJCは度外視。年明け初戦も調教の動きは良。昨年の2200~2600m内ではアルゼンチン共和国杯2着を含むパーフェクト馬券圏内。やや人気がないのと鞍上がテン乗り川田Jは意外だったが、配当妙味もあり好走を期待する。

△ ②レッドジェニアル 7着(1番人気)
日本ダービーでは8着に破れたが京都新聞杯でその勝ち馬ロージャーバローズを図ったかの様に差し切った。昨秋の指導戦となった神戸新聞杯で4着は成長分プラス12キロの影響か?そして前走菊花賞は6着もやや距離が長く感じた。今回は勝ち星のない2400mだが悲観する内容ではないし、56キロのトップハンデも期待する。

× ⑥モズベッロ 1着(2番人気)
まだ3勝クラスではあるがこの予想時点で2番人気は意外も、前走の直線で不利を受けながら勝ち馬と0.1秒差の4着。セントライト記念で体調がイマイチで17着から立て直した2走前が3馬身差をつける圧勝。先々も楽しめる能力の高さを感じるだけに52キロの斤量と鞍上池添Jに下剋上を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線半ばで先頭に立ちそのまま押し切った2番人気のモズベッロ、
2着は馬場の真ん中を突いて脚を伸ばした5番人気のレッドレオン、
3着は歳内で粘りに粘った11番人気のエーティーラッセンでした。

我が本命の◎マスターコードですが結果8着となりました。スタートは内の馬が出負けしスッと前に出れたのは良かったですが、押しても押しても進んでなかったですね。1角前では内の中団にポジションを取る形になりました。道中はじっと脚を溜める形で折り合いもついて前を追いかける形で3角へ。4角前で徐々に進み直線へ内の中団で追い込む形。直線では脚を伸ばしたが半ばで力尽きたかズルズル…力不足でしたね。

馬券的には、モズベッロは人気の本命×で推した通りとここはともかく、レッドジェニアルがまさかの出遅れの時点で厳しいと感じましたが7着まで。また、逃げたエーティーラッセンがあそこまで粘るとは藤懸Jも51キロを活かし良いペースを保ちましたし、ベストな好騎乗で3連単11万馬券…高配当を齎しましたね。予想はハズレましたが仕方ない。

来週はAJCCと東海Sですね。特にAJCCは乗り替わりが色々と出ており、メンバー的にも面白そう。そろそろ高配当の的中に向けて予想を頑張ります^^;

タイトルとURLをコピーしました