2020年 共同通信杯(G3) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2月16日(日)には東京競馬場で3歳重賞の共同通信杯(G3)が開催されます。先週のきさらぎ賞はほぼ鉄板と思っていたアルジャンナがまさかの3着と負けてしましましたし、やはり競馬はやっていないとわからないですが、我が予想はええ今回もケンの予定です。僅か7頭?となりそうですし高配当は厳しいと思ってますが、メンバーは面白そう。特に川崎からのエンは気になります。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

≪ 東京競馬場 共同通信杯(G3) 芝1800メートル ≫

マイラプソディ:父ハーツクライ×母父ソルトレイク 武(豊)J

ダーリントンホール:父ニューアプローチ×母父ピヴォタル ルメールJ

フィリオアレグロ:父ディープインパクト×母父ロッシーニ デムーロJ

ビターエンダー:父オルフェーヴル×母父アフリートアレックス ミナリクJ

シングンバズーカ:父シングンオペラ×母父ディープインパクト 柴田(善)J

ココロノトウダイ:父エイシンフラッシュ×母父アグネスタキオン 丸山J

□地エン:父タヴィストック×母父ノーザンミーティア 柴田(大)J

こんな感じでしょうか。

1番人気は、京都2歳S(G3)を制しデビューから3線連続上がり最速で無敗の3連勝中となる武(豊)J騎乗のマイラプソディでしょうね。ここは負けられない一戦ですが果たしてアルジャンナの二の舞になるのか!?走ってみないとわかりませんからね。そしてルメールJを配した札幌2歳Sで3着のダーリントンホールや、サトノクラウンがいる血統で新馬戦からデムーロJを配し挑んでくるフィリオアレグロが強敵でしょうか。それから京成杯4着でオルフェーヴル産駒のビターエンダー、デビュー3戦で1800mを使い2連勝集のエイシンフラッシュ産駒ココロノトウダイ、そしてデビューから5戦で4着以下がない安定感を誇り柴田(善)Jで参戦予定のシングンバズーカ等がいます。

個人的には川崎競馬所属で岡田総帥が所有の□地エンが気になります。日本で馴染みの薄いタヴィストック産駒で父がモンジューというのはかなり気になるものの、2018年の宝塚記念(G1)で2着に好走したあの□外ワーザーの父でもありますし、川崎でデビュー2連勝中の身から中央へ殴り込みと話題性だけか?それとも実力を兼ね備えているか!?、何れにせよ楽しみな1頭です。

ええ、予想はもちろんケンとなりますが3連単5頭BOXのみの予想で頭数が少なければ波乱度が極めて低いと感じております。それでも結果だけはやはり気になります。私の現状では闘ってきた相手からマイラプソディがコントレイルに勝てる!と言い切れず、更に今回もこのメンバーで実績のある馬がいないのが何とも。仮に勝つのであれば大差で勝ってくれる事を願いたいところですね。クラシック候補No.1であろうコントレイルを脅かす馬が出てくるか楽しみですね!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

  • うまとみらいと 本命党も穴党も必ず満足できる

    どんな予想スタイルにも完全対応。
    競馬予想に必要なものはココに全てあります
    毎週平均200名以上がプラス収支を達成している

POG 競馬ニュース
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました