【POG】タピット産駒で母ピースアンドウォーの2017となるヴァルキュリアの3歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

先週の除外の煽りでデビューが次週へ延びてしまいましたが…父はタピットで母ピースアンドウォーの2017となる、ヴァルキュリアを紹介したいと思います。

馬名:ヴァルキュリア(3歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:大久保(龍)師
募集額:4,000万円
父:タピット
母:ピースアンドウォー
母父:ウォーフロント
デビュー予定日:2020年2月15日(土) 京都 ダ1400m
鞍上予定:荻野ジョッキー

父はタピットと国内デビューで代表産駒言えばジャパンダートダービーにフェブラリーSを制したテスタマッタや、ローズSで重賞初勝利であのリスグラシューを3着に沈めたラビットラン等がいますが、その後はどうも…またクラシックを狙う世代では明らかにダート血統で芝の新馬戦で勝利→福寿草特別(1勝クラス)で2着のアメリカンシードが筆頭格と言ってもまだ1勝馬の身。この世代で大きいところは現状では厳しそうですが、ダートに替わったら化け物になる可能性も!?何れにせよ走ってみての事ですから、どうなるでしょうか。

そして母のピースアンドウォーですが、ウォーフロント産駒の米国産ですね。主な勝ち鞍がアルシバイアディズSのG1を勝利しG1のコティリオンSで3着の実績から、通算12戦2勝から引退し繁殖へと上がりました。馬場適性はダート馬って感じなのかなぁ?。そんな中、国内デビューの2017となるタピットを配合されたヴァルキュリアが先週末京都のダ1200mにて荻野Jでデビュー予定が、除外の煽りを受け、次週15日(土)の京都ダ1400mを引き続き荻野Jでデビュー予定となっていますね。

まぁ、陣営もこの時期の除外は視野に入っての事だと思いますが、新馬のダ1200mを狙ってただけに200m延びる距離はどうなのかな!?そしてこのスライドが幸となればよいのですが…また、個人的には“芝”で試してみてほしい気もちもありますが、先ずは適性は間違いなくあるダートから。とはいえ最大の強敵はやはり“除外”ですからね…先ずはゲートインといきたいところ。

デビュー前の調整中に骨折という経緯もあったよですし、気性の部分がやや不安との声もありましたがこれが良い意味で化けてくれないかなぁ?ただ、この時期にデビューができるのであれば良かった。因みに個人的には2019のピースアンドウォーの2019(父ディープインパクト/牝馬)が俄然気になるし、同馬より注目はされそうですね^^;

注目度は低い!?のかもしれませんが、良い結果を出してくれる様、応援したいと思います。

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

  • うまとみらいと 本命党も穴党も必ず満足できる

    どんな予想スタイルにも完全対応。
    競馬予想に必要なものはココに全てあります
    毎週平均200名以上がプラス収支を達成している

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました