【POG】ディープインパクト産駒で母サロミナの2018となるエスコーラの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この血統ならそりゃ期待したくなるのだが…デビューがここまで延びたのが果たしてクラシックへは!?。父はディープインパクトで母サロミナの2018となるエスコーラをご紹介したいと思います。

エスコーラのプロフィール

馬名:エスコーラ(3歳・牡馬)
馬主:吉田和美氏
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:サロミナ
母父:ロミタス
デビュー予定日:2021年1月24日(日) 中京 芝1600m
鞍上予定:川田ジョッキー

梅花賞勝ち&未勝利戦勝ち

父はディープインパクトでこの2018世代で先週は、新馬勝ちはなかったもののイズンシーラブリーが未勝利戦で勝利を挙げました。また残念ながら京成杯(G3)では産駒の出走自体がありませんでしたが、新馬勝ち後にエリカ賞2着から挑んだディープモンスターが2着に1馬身1/4差をつけ梅花賞(1勝クラス)を勝ちをするも…個人的にはこのメンバーならもう少し着差を付けれるかな?とも思いましたが、次が試金石という感じでしょうからそこで力量を判断ですね。何れにせよ相変わらず層の厚い産駒達ですが、クラシック制覇へ向け着々と布陣を揃えつつありますし今後も楽しみですね。

繁殖牝馬として優秀

母はサロミナとなり、ドイツ産のロミタス産駒ですね。現役時はG1の独オークスとG3のハンブルク牝馬賞を制し、通算5戦4勝で引退前に吉田勝己氏にて購入され、引退後に輸入されたという感じで繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、代表産駒と言えば2015のサラキア(父ディープインパクト/牝馬)と、2017のサリオス(父ハーツクライ/牡馬)にですね。前者サラキアは昨年ラストランとなった有馬記念で11番人気の低評価を覆す2着と激走しました。そして5歳でこれからという時に規定で引退で繁殖へと上がりましたが、府中牝馬S(G3)勝ちにエリザベス女王杯(G1)で2着の実績を持ちます。また、後者のサリオスは朝日杯FS(G1)勝ちと古馬相手の毎日王冠(G2)勝ちで、牡馬クラシックの皐月賞、日本ダービー共に2着と3冠馬コントレイルがいなければ…という素晴らしい好結果で今年の活躍を期待されてますね。

引退したサラキアに変わって!

そんな中、ディープインパクトを配合されたサラキアの全弟となるエスコーラが除外の影響もあったが今週末に再度デビュー予定となっておりますね。預託先はサラキアを管理した池添師でもなく、サリオスを管理した堀師でもなく中内田師との事。デビュー戦は当初中京のマイルで鞍上川田Jまで決まってたのですが、無念の除外。仕切り直しで再度中京のマイルで川田Jを配してますし、やはり中内田師×川田Jのコンビは魅力的。ただマイルでデビューというのは…クラシックを意識してか?、それともNHKマイルCの方へ!?と思いつつもあわよくばマツクニローテも視野に!?と、何だかんだで先ずは適正を見る面が大きいと思いますが何れにせよ、徐々に調教を重ねる度に動きはパワーアップ!血統的にも俄然期待度は高くなりますね。

除外の権利が1つあるがここで出走し勝てればクラシックへ間に合う可能性も十分。先ずは目の前の新馬戦ですね、どんな結果になるのか非常に楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました