【POG】ダイワメジャー産駒で母ウメノファイバーの2019となるビヨンドザタイムの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

度肝を抜かれたオークス…母の忘れ形見がデビューします。父はダイワメジャーで母ウメノファイバーの2019となるビヨンドザタイムをご紹介したいと思います。

ビヨンドザタイムのプロフィール

馬名:ビヨンドザタイム(2歳・牡馬)
馬主:レッドマジック
管理:金成師
生産:ハクレイファーム
父:ダイワメジャー
母:ウメノファイバー
母父:サクラユタカオー
デビュー予定日:2021年9日25日(土) 中山 芝1600m
鞍上予定:戸崎ジョッキー

この世代で既に重賞勝ち馬を輩出

父はダイワメジャーとなり、先週は新馬戦でメジャーアドバンスが出走し2番人気に推されるも5着。未勝利戦では、ルクスラピッドやスマートアクシオン等計7頭が出走し、ジューンヨシツネの4着が最高着順で残念ながら産駒の勝ち星を挙げる事ができませんでした。ただ毎年最低1頭は活躍馬を出すというイメージで、この世代でもセリフォスがアライバルを蹴散らし新潟2歳S(G3)で無傷の2連勝。血統的にもホープフルSというよりは朝日杯FSでしょうし、主戦川田Jの動向は気になるものの暮れのG1でどんな結果を出すか非常に楽しみですね。

母はオークス馬、そしてラストクロップ…

母はウメノファイバーでサクラユタカオー産駒で、今年の9月に老衰で亡くなりましたが25歳。仔も沢山出して頑張ってくれましたし心よりご冥福をお祈りします。そのウメノファイバーの現役時は、絶対に忘れもしない京王杯3歳S&でクイーンCのマイル以下重賞2勝馬でマイラーと決め付けた自分を思い出します。が、オークスで…2着トゥザヴィクトリー、4着スティンガー、5約フサイチエアデールをあざ笑うかの様に差し切って勝利は度肝を抜かれた。もちろん色々な要素が噛み合ったとも思うが、結果この距離をこなしたのは最初で最後。ただ、その後は燃え尽きたか?1勝も挙げる事ができないまま、通算16戦4勝で引退し繁殖へと上がりました。期待される繁殖生活ですが…奇しくも中央勝ち3勝のアンフィルージュ(父アグネスタキオン/牝馬)が一番頑張った感じでしょうか。その他はスペシャルウィークに始まり、フレンチデピュティやアドマイヤムーン、ヴァーミリアンにトゥザワールド等など多種の種牡馬を配合も活躍馬が出ず。この2019が最後の仔になるだけに活躍を願いたいところ。

戸崎ジョッキーを配してデビューへ

そんな中、ダイワメジャーを配合された13番仔のビヨンドザタイム今週末デビュー予定となっております。そのデビュー戦は25日(土)の中山芝1600mで、鞍上は期待をもたせるトップジョッキーの戸崎Jを配してくれています。また馬主はレッドマジックで、預託先は馬主との相性が良い金成師。馬名もカッコいいですし、そんなに甘くないのは百も承知だが、ウメノファイバーのラストクロップ。無事にデビューし、怪我なく走ってもらい1つでも上の着順を狙って母の分まで頑張って欲しい、しして心より是非応援したいと思っている私です。デビュー戦が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました