【POG】キングカメハメハ産駒で母ソーメニーウェイズの2019となるキングスウェイの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

血統に調教師、そして鞍上と期待度は高いだけに期待したいが…父はキングカメハメハで母ソーメニーウェイズの2019となるキングスウェイをご紹介したいと思います。

キングスウェイのプロフィール

馬名:キングスウェイ(3歳・牡馬)
馬主:江馬由将氏
管理:国枝師
生産:ノーザンファーム
落札額:1億7,000万円(セレクトセール2019)
父:キングカメハメハ
母:ソーメニーウェイズ
母父:サイトシーイング
デビュー予定日:2022年2日5日(土) 東京 芝1800m
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

ダンテスヴューがきさらぎ賞で!

父はキングカメハメハで先週の新馬戦では、出走馬が残念ながら1頭もなし。また未勝利戦では、レリジールダモーレが1着となりました。その他にはトリプルスリルが4着にプラウドリネージュが11着、ハートディザイアが13着とキャノンコアも13着で産駒としては1勝を積み上げれました。またこの世代では、有力馬の1頭であるダンテスヴューが、トップジョッキーの川田Jを背に今週末のきさらぎ賞(G3)に上位人気想定で出走予定だけに、個人的には代表産駒になるべく応援したいところです。

母はG1勝ち馬

母はソーメニーウェイズで米国産のサイトシーイング産駒ですね。現役時はスピナウェイSのG1勝ちにエイトベルズSとスカイラヴィルSのG3を2勝し、通算10戦5勝で引退から繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、2017のダノングロワール(父ハーツクライ/牡馬)が牡馬クラシックの菊花賞(15着)へ出走し、2015のサトノエターナル(牡馬)と2018のジェニーアムレット(牝馬)共にディープインパクトを配合も主な活躍馬が出てない状況…因みに2020はドゥラメンテ(馬名ノットファウンド)を、2021はリアルスティール(馬名未定)を配合されてますね。

落札額1億7,000万円の超高額馬

そんな中、キングカメハメハを配合されたキングスウェイが今週末デビューを予定としております。馬主は江馬由将氏でセレクトセールにて1億7,000万円の高額落札、そして預託先は国枝師となれば俄然期待度は高くなりますね。また、デビュー戦がデビュー済み3頭が10・11月に対して想外に遅く2月5日(土)の東京芝1800mですが、鞍上は昨年大活躍だった横山(武)Jを確保し期待度はMAXという感じ。ですが…どうも、調教ではボチボチという感じの様ですし何より情報が少なくそこは気がかりだが良血馬に加えキングカメハメハ産駒。初戦から好内容のレースとなるか!?楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました