【POG】ウォーフロント産駒で母キャヴァルドレの2020となるプロトポロスの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この世代も数頭と、数少ない国内デビューの産駒ですが…父はウォーフロントで母キャヴァルドレの2020となるプロトポロスをご紹介したいと思います。

プロトポロスのプロフィール

馬名:プロトポロス(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:西村師
募集額:5,000万円
生産:ノーザンファーム
父:ウォーフロント
母:キャヴァルドレ
母父:サンデーブレイク
デビュー予定日:2022年6月12日(日) 中京 芝1200m
鞍上予定:福永ジョッキー

開幕週は産駒出走なし

父はウォーフロントとなり、先週の2020産で開幕週は出走馬なし。そもそも頭数が少ないのもあるが、2019産はデビューなし。2018産はウォーバディ1頭のみ。また、国内での代表産駒と言えば…新馬戦で2着に2馬身1/2差を付け最速上がりで差し切ったフォッサマグナでしょう。その後8戦連続1番人気に推されたが…15戦3勝から、現時点では障害へ転向し今年5月に初勝利を挙げております。また国内で子が種牡馬として活躍するアメリカンペイトリオットがビアーアストニッシドを、デクラレーションオブウォーからはデュードヴァン等が出てます。因みに2020産は現時点で3頭の登録があり、ウォーフロント産駒としては頭数が少ないが国内の短距離界を賑わす馬が出るか楽しみな私です。

父はキズナの半兄サンデーブレイク

母はキャヴァルドレで仏産のサンデーブレイク産駒。現役時はカルヴァドス賞のG3勝ち馬で、BCジュヴェナイルフィリーズターフ(G1)で3着の実績を持ち通算5戦2勝で引退から繁殖として国内へ輸入されました。輸入後の繁殖生活はこの2020産が初仔となります。因みに父のサンデーブレイクはノースヒルズ生産で、ダービー馬キズナの半兄。渡米した後は、ピーターパンS(G2)勝ち馬で通算13戦4勝で引退から種牡馬入りしており、日本の馬場をこなせる下地はありそうなイメージを持つ私です。

少頭数で鞍上からも…好勝負必至!?

そんな中、ウォーフロントを配合されたプロトポロスが今週末デビュー予定となっております。預託先は西村師で、個人的に初仔という点は気がかりも3月に入厩で早々にゲート試験合格。調教のタイムもかなり良さげですし、デビュー戦が現状では6頭登録の12日(日)の中京芝1200mに鞍上は福永Jを確保。関係者の期待度の高さに加え、時間は十分にあっただけに調整も万全で初戦から勝負!という感じでしょう。相手関係からもかなり人気を被りそうですが評判通りとなるか当日が楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました