戦績14戦14勝でG1を10勝したフランケルの子、初年度産駒が今年デビューへ

どうも、あっぷるです。

いやぁ、楽しみな産駒が今年デビューをしますね!
イギリス出身で14戦14勝で無敗のまま引退したフランケル産駒の子がデビューする年となりますね。

≪G1勝利レース≫
2010年:デューハーストステークス

2011年:2000ギニー
     セントジェームズパレスステークス
     サセックスステークス
     クイーンエリザベス2世ステークス

2012年:ロッキンジステークス
     クイーンアンステークス
     サセックスステークス
     インターナショナルステークス
     チャンピオンステークス

しかも14戦全て1番人気での勝利って見れば見る程、素晴らしいですね。
父がガリレオに母父がデインヒルの配合。
初年度は130頭と制限されてた様で、その中にデインドリームやダーレミも入ってますね。

また、スタセリタの2014ですがG1を6勝し、ルメールJやスミヨンJも騎乗してる名牝となりますが、
どうやら藤沢師の管理馬となるようですね。

馬名:未定(牝馬)
募集価格:6000万
馬主:社台レースホース
管理:藤沢師
父:フランケル
母:スタセリタ
母父:モンズン

いやぁ、フランケル産駒が日本で走るという事で期待が膨らむのですが、
藤沢師という点が…できれば角居師とか堀師、友道師辺りだと勢いもあって…^^;

何れにせよこの馬の今後が非常に気になります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする