2017年 洛陽ステークス 予想&結果 あっぷる【的中】

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

やはりサトノラーゼンは馬場悪化では切って正解でしたね。
無理矢理穴馬を探したが結果は3連単なのに低配当で的中^^;
そんな私の予想は、

◎ ①メドウラーク 5着(9番人気)
前走7着も後方の位置取りから大外を回って上り3位の勝ち馬に0.6秒差。
クラスが上がって不振が続いてた中の自身好レースだったはず。
東京【1101】の相性と期待しにくいがフォーリーJで馬券圏内に期待する。

○ ⑦ラングレー 8着(6番人気)
鞍上が福永J予定が落馬で松田Jの予定も無免許事件で乗れず国分(恭)Jへ。
ただ、近3走の重賞戦はともかく昨年の勝馬でOP戦になれば安定感はある。
久しぶりの激走を期待する。

▲ ⑥グァンチャーレ 2着(4番人気)
馬場悪化はマイナスと思うがこのメンバーなら馬券圏内なら。
京都コースの相性と調子の良さで期待する。

△ ⑤ケントオー 3着(3番人気)
5走前にG1を勝ったクイーンズリングを負かし4走前はガリバルディの3着。
馬場の違いはあれど骨っぽいメンバーだがチャンスは十分。
今年も魅せて欲しい和田Jの手腕にも期待する。

× ③ダッシングブレイズ 1着(1番人気)
1番人気に推された前走が10着の大敗を喫したが力はある。
先週の東京新聞杯を蹴ってここを狙った上に、
鞍上デムーロJを確保したのもプラス。期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記で低配当ですが的中しました^^;

3連単③→⑥→⑤と2、4、3番人気で6,380円の配当です。

1着は直線最内から突き抜けた2番人気のダッシングブレイズ、
2着は外からハナ差競り勝った4番人気のグァンチャーレ、
3着は内から伸び粘った3番人気のケントオーでした。

我が本命の◎メドウラークですが結果5着となりました。
前目で競馬を進めた事が大きく、
直線では一瞬でも先頭に躍り出たし最後は踏ん張っての5着と、
あわやを演出してくれました。

馬券的には、サトノラーゼンを切り穴馬を2頭入れたにも関わらず、
上位人気で決まってしまっては配当も上がりませんよね。
久しぶりの的中も3連単で4桁配当は情けない…
最後に、重馬場でサトノラーゼンが1番人気は武(豊)Jが原因でしょうが驚きでした。

今後も無料メルマガでの予想となりますので宜しければ登録お願いします。

【俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム】

明日も的中に向けて頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする