2017年 アメリカジョッキークラブカップ(G2)予想とレース回顧【あてたろう】

今日のあてたろう予想![其の壱]

先行、自力型が揃った今年はペースアップのタイミングが早くなりそう。
急坂を乗り越えたゴール前で差し馬が大逆転しそうな予感。

そんなオレの予想は…。

◎[10番]ゼーヴィント
皐月賞馬ディーマジェスティとタメを張れた昨秋のG2セントライト記念。
その走りの内容から中山が合うのは一目瞭然だ。
最終追いは3頭併せで真っ直ぐ走れていたが、調教で思うように攻めきれない。
まだ馬体が硬い感じで状態は大きく変わっていない様子。
地力でどこまで。

◯[6番]ルミナスウォリアー
前走のOPディセンバーSは2着。
接戦を演じた勝ち馬ツクバアズマオーは年明けのG3中山金杯を制した。
「重賞の壁」に足掻いている感じだが、以前と違って自分から動けるようになった。
切れるイメージはないが、前走は数字以上の凄みがあった。
あの内容なら重賞でも足りるぞ!

▲[1番]ミライヘノツバサ
前走の迎春Sはメイチの仕上げではないながらも古馬G2で勝ち負けできるレースレートに到達。
明け4歳でエンジン面も強化され、逞しくなった。
加えて中山「2200m」は3戦3勝の実績。
仕上げの難しい冬場、年明けに使っている強みも加味すれば狙う価値はある!

注[2番]クラリティスカイ
当初は来週のOP特別への出走を予定していたが、ハンデ58kgを嫌ってコチラへ。
正直、これまでの距離実績を考えると2000mでも勝ち切れていない現状。
にも関わらず、更に200m延ばしててきた。
既に3戦連続で2000mを使ってきた分、立ち回りも上手くなってきた。
こなしてもいい!

△[17番]クリールカイザー
一昨年のこのレースではゴールドシップを破る大金星。
その後は脚部不安等で長期休養、なかなか勝ち星を挙げられなかった。
だが、2走前のオールカマーでは復調の手応えが感じられた。
前走のAR共和国杯は自身でスローに落として、決め手勝負にさせてしまった。
得意舞台のココに向けて「最近では一番攻めた調教」だと。
復活の (^_^)v もありえる!

【3連複5頭BOX】
[1番][2番][6番][10番][17番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
2  着 ◎[10番]ゼーヴィント
3  着 ▲[1番]ミライヘノツバサ
4  着 ◯[6番]ルミナスウォリアー
10着 注[2番]クラリティスカイ
12着 △[17番]クリールカイザー

9ヶ月の休み明けを嫌って消した⑧タンタアレグリア。

消した理由は他にもある。
ゼンノロブロイ産駒の中山2200mは「鬼門」と言われている。
よって、同産駒で2番人気だった⑬リアファルもばっさり消した。

いやいや、①⑥⑩で収まって欲しかったわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

月収20万円のサラリーマンが、
いきなり月間収支プラス42万円。

つまり、月収62万円になったらどうなるかわかりますか?

手足がガタガタ震えると同時にドーパミンもドパドパ。

『嬉しいのに冷や汗が止まらない』

そんなわけがわからない感情になるのです。

これは競馬歴、三ヶ月の初心者の実話です。

「どうやって当てたのかって??」

↓ その方法は、、、 ↓
※無料公開中※

ところで、あなたは競馬を楽しめていますか?

・当たらないからつまらない。
・時間かけた予想が外れてげんなり。
・点数ばかり膨らんで、収支でマイナス。

こんな悩みを持っているなら、、、

一刻も早く止めましょうよ。

だって、そんな悩みを一瞬で吹き飛ばす方法は、
すでに存在しているのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは、
競馬データを使った方法です。

■単純明快だから・・・
あなたは1分で予想ができます。

■的中必死だから・・・
あなたはもう一つ収入減を得られます。

■超高精度だから・・・
安定的に利益を狙えます。

その実力の高さは、的中率を見れば明らかです。

■───────────■
3連単 37.2%
馬単  58.3%
ワイド 81.9%
複勝  93.2%
単勝  83.3%
■───────────■

これだけの的中率があれば200%、300%の回収率は余裕。
プロ予想師も完全に従順する程の実力です。

この競馬データを使えば、
あなたの競馬生活は必ずや最高のものになるでしょう。

次はあなたが、体が震えるほどの興奮を体験をする番です。
↓↓↓
※無料公開中※

※宝塚記念(G1)のデータを無料公開中

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする