2017年 東京新聞杯(G3)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の壱]

過去10年、このレースで1番人気に推された馬の成績は…。
(1.1.1.6)と散々で2007年のスズカフェニックス以降の優勝はない。
昨年は浜中の強引な競馬でダッシングブレイズが競争中止、3連単は35万馬券だった。
振り返ると、意外と荒れ傾向のレースだな。

そんなオレの予想は…。

◎[7番]エアスピネル
前走のG3京都金杯はタイム差なしの際どいレースだった。
菊花賞からマイル戦へとカテゴリーの違う競馬がスムーズさを欠く要因となっていたか。
道中に幾度となくあったピンチをクリアできた能力に歴然とした差がある。
そもそも「クラシック」に固執していたことが全ての妨げだったとオレは思う。
今春の大目標である「安田記念」に向け、こんな所で躓く訳にはイカン!

◯[10番]ヤングマンパワー
前走のG1マイルCSは鞍上との息が合わず、久々の右回りにも戸惑った様子。
先行策の予定とはかけ離れた後方集団でフワついた走りのまま終了した。
馬柱から前走を塗りつぶせば「マイル重賞 3勝」の金看板がある同馬だ。
2ヶ月半ぶりだが順調な乗り込み、減らした馬体も戻ったようだ。
「左回り」で巻き返す!

▲[6番]ブラックムーン
前走のG3京都金杯はイン有利の馬場。
意識的にテンから出して「いつもより前め」のポジションを取りに行った。
その分、終いの伸びを欠く結果になってしまった。
約1年ぶりに同馬の手綱を取った浜中は1発でアウト、ウッチーにスイッチ。
前々走のキャピタルSは1頭だけ違う脚で後続に3馬身差をつける圧勝劇を見せた。
同じ舞台の東京マイルでその再現がある!

注[2番]ブラックスピネル
前々走のG3チャレンジCはまさかの馬体重プラス18kg増。
当時オレは「◎」を献上し、5着敗退。
前走のG3京都金杯では「注」を献上したオレ、6番人気で2着に好走するもヒモがヌケで不的中。
今回も太め感なく、坂路でも好時計で動けているようだ。
「ダメだ…」と思ったら途端に試合放棄するミルコに替わる点が気がかりではある。

△[9番]ロイカバード
3歳春には「きさらぎ賞」「京都新聞杯」で共に3着と素質の片鱗は見せていた。
クラシック戦線から早々と離脱し、「マイル路線」に切り替え。
前走の元町Sはチグハグなレース内容でも最後は強烈な末脚で能力の高さを見せつけた。
短期放牧明けはここ目標に調整、状態も良好の様子。
ロイカバードのミルコ同様、こちらもテン乗りで「宇宙人」が手綱を握る。
突然、ヤメスイッチが入らなければ良いが…。

【3連複5頭BOX】
[2番][6番][7番][9番][10番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 注[2番]ブラックスピネル
3着 ◎[7番]エアスピネル
6着 ◯[10番]ヤングマンパワー
8着 ▲[6番]ブラックムーン
9着 △[9番]ロイカバード

いやいや…。
「異常」なレースとしか言いようがない。

逃げの戦法に出た注②ブラックスピネルの上がりが「32秒7」
殿負けの⑧タガノブルグでさえ、33秒3だ。
これでは後方待機勢が届くわけがない。
20秒台で走っても届かねーわ。

◎⑦エアスピネルは「平坦コース」じゃないとどうもダメっぽいな。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする