通算33戦で13人の外国人ジョッキーが騎乗したトーセンレーヴが引退へ

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

9歳ながらここまでよく頑張りましたが、
常に外国人Jが騎乗してるイメージが強かったトーセンレーヴの引退が決まった様ですね。

馬名:トーセンレーヴ(9歳・牡馬)
戦績:33戦8勝
馬主:島川氏
管理:池江師
父:ディープインパクト
母:ビワハイジ
母父:カーリアン
重賞勝利:エプソムC(2012年)

ブエナビスタの半弟で血統的にもかなり期待されましたが、
全盛期の2011年だったかな?心房細動を発症したのがかなり響いたかな…
結果的にエプソムCのG3が1勝のみという残念な結果でした。

ただ、同馬の面白いところは何といっても外国人Jとの関係でしょうか。
通算33戦中27戦が外国人J騎乗というだけならともかく、
全8勝が全てその外国人Jというのはある種珍事!?ですよね^^;

リスポリJが2勝、ウィリアムズJが2勝、ピンナJが1勝、クウィリーJが1勝、
ボウマンJが2勝で全8勝ですが騎乗した外国人Jはその他、
スミヨンJ、フォーリーJ、シュタルケJ、ルメールJ、
ブドーJ、ホワイトJ、ビュイックJ、パートンJと計13人の騎乗は凄い。

今後はエスティファームで種牡馬入りではない様で何かあるのか!?と、
勘ぐりますがどうやら乗馬に決まったようですが本当に今までお疲れ様でした。

ゆっくり休んでください。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする