【菊花賞(G1)】懐かしの黄金配合!?で穴人気となりそうなウインガナドルはどう!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

大ブームを起こした『黄金配合』ですが、
今や懐かしいと!?言っても過言ではないですね。
はい、父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの事です^^;
その配合をしたウインガナドルが菊花賞へ参戦します。

馬名:ウインガナドル(3歳・牡馬)
馬主:ウイン
管理:上原師
父:ステイゴールド
母:タイムフェアレディ
母父:メジロマックイーン

その黄金配合ですが過去にはドリームジャーニーやゴールドシップ、
オルフェーヴル等々、次々とG1馬や重賞勝ち馬を輩出した配合で、
一躍大ブームとなりましたね。とある牧場さんでは、
自身で所有も1度は売却した母父メジロマックイーンの牝馬を、
再度買い戻した話しもあったくらい…

そんな中、ここ最近は懐かしいと思うくらいこの配合で大物が出なくなってますが、
このウインガナドルがその配合で菊花賞へ挑みます。
距離は実証済みと言って良いくらいオルフェーヴルとゴールドシップ共に菊花賞制覇。
ウインガナドルをこのG1馬2頭に比べるのはちと可哀そうな気もしますが、
黄金配合だけを考えると…^^;

ただ、後押ししてくれそうなのが天候でしょうか。
週末は前模様でオルフェーヴル等は道悪の鬼でしたし血の後押しも!?
前走は古馬相手の重賞新潟記念で勝ち馬に0.1秒差の4着は立派。
掻き込み走法で逃げ戦法から『黄金配合』が再び!?

前々走のラジオNIKKEI賞では菊花賞に出走してれば人気を背負いそうだった、
3連勝中のセダブリランテスを相手に0.1秒差の2着に、
斤量どうこうはあるがサトノクロニクルにも先着。

そして前走は古馬相手の重賞戦となる新潟記念でしたが結果は、
マイペースの逃げから勝ち馬タツゴウゲキに0.1秒差の4着に踏ん張ってみせました。
ちょっと気になるのは2着アストラエンブレムが毎日王冠で11着、
3着カフジプリンスがオールカマーで12着と共に大敗…
この馬も…いや今回は展開が明らかに向くはず。
自身のペースでスタミナを生かした逃げで後続のスタミナを奪えれば、
大波乱の立役者になるかもしれない。。。

さて、本番での黄金配合がどんな結果を出すか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする