【チャンピオンズカップ(G1)】ノンコノユメにローズプリンスダム、キングズガードにミツバは穴候補!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末のダートG1、チャンピオンズカップの枠順等々が決まりましたね。
まさかM・デムーロJがチャンピオンズカップに騎乗ではなく、
阪神メインのポルトドートウィユに騎乗とは意外でしたが^^;
そんな中、アウォーディーや有力馬を2回検証してきましたが、
人気順が未知の中で穴馬候補!?と思った馬を、
ざっくりですが検証してみたいと思います。

馬名:ノンコノユメ(5歳・セン馬)
馬主:山田和正氏
管理:加藤(征)師
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
G1勝利:2015年ジャパンダートダービー(G1)
鞍上:C・デムーロJ

去勢したのは非常に勿体ないと思った私…
結果論ですが去勢後の結果も微妙で上位人気となるも、
ルメール、C・デムーロ、ムーアJが騎乗も掲示板がやっと…
前走はG3ながら回避はしたがインカンテーションを相手に、
0.4秒差の4着とやや復調気配を感じさせた。
また、枠順4番はナムラビクターが2014年に2着(8番人気)、
サンビスタが2015年に勝利(12番人気)、アスカノロマンが昨年に3着(10番人気)と、
3年連続で馬券に絡んでるだけにひょっとしたら一発も!?
2015年には同レースで2着の実績を持つだけに勝ち切るとは思えないが、
基本切る前提の私で馬券圏内では侮れないかも…^^;

次に、

馬名:ローズプリンスダム(3歳・牡馬)
馬主:岡田牧男氏
管理:畠山師
父:ロージズインメイ
母:クリスチャンパール
母父:シンボリクリスエス
重賞勝利:レパードS(2017年)
鞍上:戸崎ジョッキー

モズカッチャンにペルシアンナイト、レイデオロとこの世代が強さを魅せてるだけに、
同馬はダートの重賞レパードSを勝利し、前走のみやこSでの走りで評価をしたかったが、
まさかの4角で前が開いておらず7着と不完全燃焼だがまだ侮れないと思ってた私だったが…
M・デムーロJに騎乗馬がなかっただけに密かに期待してたが、
蓋を開けたら鞍上戸崎ジョッキー…今の戸崎ジョッキーは頂けないので
これは現時点では消す方向でいきたいと思ってます><

そして、

馬名:キングズガード(6歳・牡馬)
馬主:日進牧場
管理:寺島師
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母父:キングヘイロー
重賞勝利:プロキオンS(2017年)
鞍上:藤岡(康)ジョッキー

アポロケンタッキーモルトベーネ等もいるが同馬の方が穴馬っぽいと判断。
3走前の重賞初勝利では2着のカフジテイクに2馬身差をつけ、
位置から脚を伸ばしての強さは侮れないのでは!?
前走のみやこSも3着で勝ち馬テイエムジンソクに0.6秒差はつけられたものの
上りはこれまた最速と仕掛けや展開次第で末脚が生きるかも。
ただ、鞍上が主戦藤岡(佑)ジョッキーなら良かったが騎乗停止で、
藤岡(康)ジョッキーへ乗り替わり。これがどう出るかだが魅力的な1頭と思ってます^^;

最後に、

馬名:ミツバ(5歳・牡馬)
馬主:協栄
管理:加用師
父:カネヒキリ
母:セントクリスマス
母父:コマンダーインチーフ
重賞勝利:マーキュリーC(2017年)

3走前に盛岡のG3マーキュリーCで重賞初勝利だったが、
個人的にはやはり地方の重賞1勝馬という考え。
また同馬のイメージだが中央より地方の砂で前目からの競馬が合ってる!?
ただ、前走は地方とはいえG1のJBCクラシックで、
サウンドトゥルー相手に0.2秒差は魅力ではあるが馬場悪化も味方にした感が…
また、3番枠となりもまれると良くないだけにちょっと買い辛い1頭ですね^^;

さて、今回も4頭ピックアップしてみましたが、
今回ピンとくる穴馬がいないんですよね…
人気もかなり割れそうで多少人気の馬を駆っても着順次第で
配当も上がりそう?まだ悩むところですが土曜の夜には予想も決まります。

波乱と的中を見込んでの的中を目指したいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする