種牡馬のタイキシャトルが引退し、今後はイーストスタッドで功労馬として繋養へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

19年間種牡馬生活を送った23歳のタイキシャトルですが、
どうやら種牡馬生活を引退し、今後は功労馬として繋養されることが決まりましたね。

馬名:タイキシャトル(牡馬)
戦績:13戦11勝
父:デヴィルズバック
母:ウェルシュマフィン
母父:カーリアン

G1勝利がマイルチャンピオンシップ、スプリンターズステークス(1997年)に、
安田記念、ジャック・ル・マロワ賞、マイルチャンピオンシップ(1998年)で5勝し、
ユニコーンステークスから8連勝した際に短距離G1をほぼ総ナメにし、
その年1998年には年度代表馬にも選ばれましたからね。

この時は負ける気もしませんでしたし、
今でもあの強さは忘れられず鮮明に覚えています…
本当に化け物とは正にこういう馬とも思いましたよ。
そのタイキシャトルが種牡馬生活を引退とはお疲れ様と同時に、
寂しい気持ちにもなりますね><

その種牡馬タイキシャトルの代表産駒としては、
2003年にNHKマイルカップを勝ったウインクリューガー、
そして2005年にフェブラリーステークスを勝ったメイショウボーラー、
最後に2010年に地方G1・JBCスプリントを勝ったサマーウインドですが、
ブルードメサイアーの方でも好成績を残してますね。
最近で言うと今年の桜花賞を制したレーヌミノルや、
ヴィクトリアマイル連覇にスプリンターズステークスのG1を3勝したストレイトガール、
そして日本ダービー馬で先日引退を発表したワンアンドオンリーなどがいます。

もう23歳ですか…今後はイーストスタッドで功労馬として繋養される様ですし、
ゆっくり過ごしてもらいたいですね。19年間の種牡馬生活、本当にお疲れ様でした!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする