【朝日杯FS】ダノンスマッシュ、ムスコローソ、ケイアイノーテック、カシアスの可能性は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

朝日杯フューチュリティステークス(G1)が3日後に迫りました。
上位人気はタワーオブロンドンとダノンプレミアムと想定されてますが、
その他にも有力に思える馬達もいますので検証してみたいと思います。

先ずは、

馬名:ダノンスマッシュ(2歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:安田師師
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
鞍上:福永ジョッキー

ですが、新種牡馬のロードカナロア産駒。
今回はステルヴィオと2頭が参戦してきてますが重賞勝ちは未だなしだが、
先週の新種牡馬オルフェーヴル産駒に続きG1制覇となるか!?
はい、デビュー戦は戸崎ジョッキーで2着に敗れたものの、
続く福永Jの乗り替わり2歳未勝利とOPのもみじSを2連勝中。
3戦全て1400mでその点がやや気がかりも前走は3馬身差の圧勝でしたし、
父ロードカナロアで払拭できるかな。
後は先頭に立つとソラを使うのを福永Jがうまくコントロールしてもらえれば、
好結果も狙えそうだし安田師もかなり自信ありげです。
これだけマイナス材料が少ないのに、
私はどうも素直に狙えないのは天の邪鬼だから!?…^^;

次に、

馬名:ムスコローソ(2歳・牡馬)
馬主:落合幸弘氏
管理:手塚師
父:ヘニーヒューズ
母:ルナレガーロ
母父:アドマイヤムーン
鞍上:池添ジョッキー

デビュー前に手塚師が大絶賛をしており、
新馬戦では最速の上りからノーステッキで5馬身差の圧勝。
続く新潟2歳Sでは1番人気に推されるも出遅れが響き、
勝ち馬フロンティアから1.8秒差も離された12着大敗だが度外視できる。
立て直された前走500万下でクビ差ながら辛勝も自身のタイムは詰めた。
決して強い!とならないが、母の母がダイナカールと血統的にも気になるし、
手塚師はアルフレードとアジアエクスプレスで2勝のG1。
新潟2歳Sで1番人気まで推された馬が人気落ちで池添J…一発あるかも!?^^;

そして、

馬名:ケイアイノーテック(2歳・牡馬)
馬主:亀田和弘氏
管理:平田師
父:ディープインパクト
母:ケイアイガーベラ
母父:スマーティジョーンズ
鞍上:幸ジョッキー

人気はさほどないだろうが新馬戦は福永Jで上がり最速から勝利。
続くデイリー杯2歳Sは川田Jを背にプラス22kgの馬体重は成長分もあるだろうが、
やはり少し太かったか3着は立派では?
今回は上積み十分でディープインパクト産駒の血統的魅力もあるが、
福永Jはダノンスマッシュ、川田Jはダノンプレミアムと共に乗り替わりで
鞍上は幸Jですが勝ち切るまではともかく馬券圏内なら…と思ってる私です^^;

最後に、

馬名:カシアス(2歳・牡馬)
馬主:カナヤマホールディングス
感rに:清水師
父:キンシャサノキセキ
母:ラブディラン
母父:ディラントーマス
鞍上:浜中ジョッキー

モンドキャンノと被るイメージな私ですが、
函館2歳Sの重賞勝ちから前走京王杯2歳Sでアサクサゲンキを差し、
勝ち馬には屈したが2着確保はなかなか。
叩いた上積みがあり距離延長さえこなせば・・・
また、カナヤマホールディングスはカツジがデイリー杯2歳Sで2着、
グレイルが京都2歳Sを勝利、シャルルマーニュが東スポ2歳を3着と
重賞でなかなか好調でもありますしこのG1でも一発が!?
浜中Jも久しぶりの好騎乗を魅せて欲しいですね。

人気を見てから決めたいと思いますが穴馬をどれにするかホント悩みます。
先週の阪神ジュベナイルフィリーズみたいに2、3、4番人気決着は咲けて欲しいな^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする