2018年 アレキサンドライトステークス 予想&結果 あっぷる

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

戸崎J切りは当たるも馬券は当てる事ができませんでした…
そんな私の予想は、

◎ ③フィールザプリティ 15着(9番人気)
5走振りに距離を伸ばした前走が功を奏したかハナ差とはいえ勝利。
陣営からは調子は前走より上との事で相手なりに走れる強みもある。
ハンデの52キロも魅力でもう一丁は欲張りだが馬券圏内で期待してみる。

○ ②ロードフォワード 10着(12番人気)
昨年から戦績は散々だがその中で唯一5走前に2着となった中山ダ1800m戦。
その時のパートナー三浦(皇)Jに、斤量も同53キロ、
上り最速だった事から一か八か再現を期待してみる。

▲ ④パルトネルラーフ 5着(6番人気)
前走は1番人気に支持されるも12着と戸崎Jが仇となった感じで前目過ぎ。
今度は主戦大野Jに戻りもう1列後ろで競馬ができれば違うはず。
貯める競馬で好結果を期待する。

△ ①トウカイエントリー 4着(2番人気)
準OP3戦して4着1回はあるものの2着2回が共に着差なし、
更に中山のダート【1221】の着外1回も4着でかなりの安定感。
勝ち切るは難しい気もするが蛯名Jで好結果を期待する。

× ⑯フェニックスマーク 1着(1番人気)
3ヶ月の休み明けでプラス18キロの前走が上り最速で余力のある勝利。
時計も優秀で昇級の壁はないと思えるレベル。
4歳馬という点も含めここは素直に期待してみる。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記で外れました。

1着は先行から直線あっさり抜け出した1番人気のフェニックスマーク、
2着は外の後方から脚を伸ばした4番人気のブライトンロック、
3着は直線で早め先頭に立った8番人気のエネスクでした。

我が本命の◎フィールザプリティですが結果15着となりました。
スタートから道中中団の位置で競馬をし、
直線でここから!と思いましたが…画面から一気に消え去り、
ハンデ戦でしたがクラス慣れが必要と感じました。

馬券的にはフェニックスマークとトウカイエントリー以外は、
穴馬で波乱を狙ったのですが3連単配当は1万円台…
とはいえ、8番人気のミエスクを狙えなかったのは情けない。
このメンバーならフェニックスマーク以外は、
波乱が起きてもと思いましたが、
蛯名Jから乗り替わったブライトンロックがきますか^^;

明日は重賞戦ですがメンバー的に波乱は…!?
的中に向けて頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする