馬主登録変更のゴドルフィン所有馬のアドマイヤムーン産駒ファインニードルが高松宮記念で国内G1初勝利

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨日、中京競馬場で行われたG1高松宮記念ですが、
勝ったのは3月17日に馬主登録名を変更し、
勝負服もゴドルフィンブルーに変えたファインニードルでした。

馬名:ファインニードル(5歳・牡馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:高橋(義)師
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:マークオブエスティーム

レースはスタートがスムーズに出た事と位置取りが、
ハイペースの先行勢の即後ろが良かった。
4角では5~6番手の位置から直線に向かい
先に抜け出したレッツゴードンキがハナ差の強襲劇。

これで川田JはG1・11勝目となるが、
管理する高橋(義)師は開業8年目でG1初勝利、
そしてシェイク・モハメドからゴドルフィン名義に変わったが、
前馬主名から数えて34戦目で念願の国内初G1勝利とはさすが。
モハメド殿下も持ってるが川田Jも持ってますよね^^;

17日にシェイク・モハメドの馬主名から「ゴドルフィン」に変更し、
勝負服も海外で認知されてるゴドルフィンブルーに変わったというものの、
海外のゴドルフィンブルーと色が違うのが残念。
もっと濃く鮮やかな色なので日本も頑張って近づけて欲しいな^^;

そして個人的には競馬界を面白くする上で、
国内で1人勝ちとなってる某大きい馬主さんに対抗できる!?のは、
岡田総帥や前田幸治氏等など頑張ってくれてはいますが、
やはり世界的強さを持つゴドルフィンのシェイク・モハメド氏と思ってる私。
やっと結果を出し今後が非常に楽しみな馬主さん。

しかし冷静に見てみると、、、
某国内グループは技術が上なのはわかるが外国人Jを多用する反面、
モハメド殿下は日本人Jを多く使ってくれるイメージ。
今後は大きい舞台に出走する機会が増えてくればまたわからなくなるが、
現時点でこれは嬉しい事で引き続き日本人J起用をお願いします。

今週末は主催となるドバイ国際競走が開催されますが、
これまた非常にタイミングの良いパフォーマンスとなりました。
今後の国内競馬界に風穴を開け盛り上げてもらうべく、
ゴドルフィンには頑張ってもらいたいですね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする