【安田記念2018】ドバイターフ(2016年)勝ちのリアルスティール、鞍上は岩田ジョッキーで参戦へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来月初旬の6月3日(日)に東京競馬場で行われるG1安田記念ですが、
出走予定のドバイターフ(2016年)勝ち馬となる
リアルスティールの鞍上が岩田Jに決まった様ですね。

馬名:リアルスティール(6歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:矢作師
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:ストームキャット
G1勝利:ドバイターフ(2016年)

G1勝ちは2016年のドバイターフのみで国内でもG1を勝てる器と
散々言われてきた同馬が結果は国内でG1勝利0という現状。
今年こその気持ちもあるだろうが始動戦のドバイターフは惜しくも3着と、
結果を出せませんでした。

そして次走となるマイルG1の安田記念に矛先を向けてきましたが、
距離に関して過去全16戦でマイルを使ったのは僅か1度だけ。
その1度が2016年の安田記念で結果は2番人気に支持されるも
11着の大敗でしたが再度リベンジという感じですね。

鞍上ですが乗り替わりの激しい馬で個人的には
ドバイターフで勝利したムーアJ、内田Jかな?と思ってましたが、
今年好調の勢いと追えるジョッキーが合いそうで岩田Jは打ってつけ。

東京コースも【2104】ですが着外は昨年の安田記念11着以外は
全て掲示板を確保と好相性で、矢作師=岩田Jコンビと言えば
日本ダービー馬となったディープブリランテを思い出すが
ここは岩田Jで新味を期待し一発を狙って欲しいですね。

しかし今年のG1安田記念の出走予定馬が凄い事になってますね。
G1大阪杯を制したデムーロJ騎乗のスワーヴリチャード、
同レース2着馬で川田Jに乗り替わるペルシアンナイト、
マイラーズCでレーコード勝ちの福永J騎乗サングレーザー、
同2着馬のルメールJ騎乗のモズアスコット、
G1ヴィクトリアマイル2着のリスグラシューは武(豊)J、
同レース4着馬のアエロリットは鞍上未定で参戦予定、
そしてスプリントG1馬だが侮れない田辺J騎乗のレッドファルクス、
更には海外から香港馬でチャンピオンズマイルや香港マイル2着の実績馬、
ウエスタンエクスプレスが参戦予定で他にも伏兵馬もいますしかなり揃いましたね。

この中でリアルスティールが鞍上岩田Jを背にどんな結果を出すか!?
国内無冠から『国内G1勝利』の勲章を手に入れる事ができるか!?

どんな結果になるのか非常に楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする