【桜花賞2018】マウレア、デルニエオール、レッドレグナント、レッドサクヤの激走は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末の牝馬クラシック第一弾G1の桜花賞が楽しみ。
そんな中、先日は上位陣の検証をしましたが、
今回は勝手ながら個人的に中穴人気になりそうな、
馬達を4頭ピックアップしてみました。

先ずは、

馬名:マウレア(3歳・牝馬)
馬主:落合幸弘氏
管理:手塚師
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:ストームキャット
鞍上:武(豊)ジョッキー

昨年暮れのG1阪神JFがラッキーライラックに0.5秒差の3着、
前走チューリップ賞では鞍上戸崎Jから武(豊)Jに乗り替わり、
勝ち馬ラッキーライラックの上りを絞ぐ33.3秒の末脚で、
0.3秒差の2着を確保と後一歩のところまできてる同馬。
ただ、陣営の思惑は2走前のクイーンCで賞金加算ができず、
チューリップ賞を使ったのは誤算のはず!?で、
正直余力が…という個人的感想ですが馬券圏内なら。
現時点では予想に入れない方向の私です^^;

続くは、

馬名:デルニエオール(3歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:池江師
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート
母父:メジロマックイーン
鞍上:池添ジョッキー

名馬となった3冠馬でG1・6勝のオルフェーヴル、
そしてG1・3勝のドリームジャーニーがおり、
今や懐かしさを感じる言葉だが流行った『黄金配合』^^;

まだラッキーライラックとは未対戦も戦績からは勝ち切れるか!?
という感じだが小柄で粗削りと考えれば奥深さがありそう…
池江師も「能力は3歳牝馬でもトップクラス」と評価は高く、
買い材料としては血統的成長力と一発の魅力を持つ鞍上池添J、
そしてレジネッタや昨年のレーヌミノルが大波乱を起こした
フィリーズレビュー組なら!?とも思うが個人的に気になるのは2つ。

デビュー2戦目の500万下でリリーノーブルに0.6秒差離されての4着。、
そして前哨戦のフィリーズレビューで3着を確保も、
権利獲りが主である程度仕上げての3着…という点は気がかり。
この内容から現時点であのラッキーライラック等を相手にはどうか?
勝ち切れなくも馬券圏内までかなと思ってる私です^^;

そして、

馬名:レッドレグナント(3歳・牝馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:大竹師
父:ロードカナロア
母:エンプレスティアラ
母父:クロフネ
鞍上:デムーロジョッキー

同馬の最大の魅力は今や確変中に近いデムーロJが騎乗する点。
ただ、アネモネSの2着馬に騎乗となり正直馬がいなかったのか!?と言えば、
結果的にこの馬が選べる中では最優先だったという事だろう。
前走アネモネSでは勝ち馬ハーレムラインに1馬身1/2差は離され過ぎ。
ましてや自身のペースで逃げての差し切られはどうか…
という点から通常なら切る判断で終わる私だが、
このデムーロJだけでも大きいと感じてしまうデムーロJの手腕は凄い。
現時点ではかなり迷う1頭です^^;

最後に、

馬名:レッドサクヤ(3歳・牝馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:藤原師
父:ディープインパクト
母:サクラサクⅡ
母父:デインヒル
鞍上:松山ジョッキー

前走福永JでエルフィンSを最速の上りで制した同馬だが、
その福永Jは現時点で抽選対象となってるフィニフティに騎乗予定。
という事で同馬には松山Jが騎乗予定となってます。
個人的に超買い材料は今年強烈な数字を叩き出してる藤原師管理馬。
きっちり馬券圏内に持ってくる師だけに侮れない存在にはなりそう。
ただ個人的には抽選対象だがフィニフティが勝負じゃないかな?と感じてます。
そのフィニフティがもし抽選突破するなら同馬よりフィニフティを狙いたい私です^^;

そんなこんなで勝手ながら気になる馬をピックアップしましたが、
先週は大阪杯、船橋Sの同日メインダブル的中と3連単万馬券となりました。
今週末も3連単万馬券ゲットに向け良い予想ができればと思ってます。

本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする