【桜花賞2018】ハーレムライン、モルトアレグロ、リバティハイツ、アンコールプリュは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

牝馬クラシック第一弾の桜花賞へ向け陣営も調整に抜かりないはず。
はい、穴党の私としても先週の3連単万馬券2連発的中の勢いで、
予想も抜かりなく取り消しを見極めていきたいところ。
そんな中、今回はこの4頭をピックアップしてみました。

先ずは、

馬名:ハーレムライン(3歳・牝馬)
馬主:吉田千津氏
管理:田中(清)師
父:マンハッタンカフェ
母:マクリス
母父:グルームダンサー
鞍上:武(豊)ジョッキー

前走OPのアネモネSで2着レッドレグナントに1馬身1/2差をつけ、
差し切りで制し3連勝で一気に大舞台へ出てきます。
デビューから全7戦とキャリアが豊富で着差はどれも小さいが、
過去4着以下が一度もないという超堅実派。
前走負かしたレッドレグナントがデムーロJ騎乗で穴人気になるなら、
着差からこの馬も浮上してきてもおかしくないが、、、
個人的にはデビュー戦でラッキーライラックに1.2秒差は厳しく、
今年4戦目で上り目も考慮したらいくら3連勝とはいえ、
3着に入れば…という存在かな。現時点では予想に入れない方向の私です^^;

続くは、

馬名:モルトアレグロ(3歳・牝馬)
馬主:吉田千津氏
管理:武井師
父:スパイツタウン
母:Mo Chuisle
母父:フリーハウス
鞍上:田辺ジョッキー

先に触れたハーレムラインもそうですが吉田千津氏の所有馬で、
興味を持ってたのですが凄く残念だったのが前走、、、
1番人気であのペースでついていき10着は騎乗的に疑問符。
正直そこまで負けると思ってなかったし0.6秒差ならまだ…
今回はそんなヘマはしないはずで巻き返してもおかしくない!?
気になるのは調教で半馬身でも遅れたのは…
現時点では予想に入れるかもう少し見極めたいところです^^;

そして、

馬名:リバティハイツ(3歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:高野師
父:キングカメハメハ
母:ドバウィハイツ
母父:ドバウィ
鞍上:北村(友)ジョッキー

前走は鮮やかな差し切り勝ちで桜花賞の出走権利を得た同馬。
正直ここで権利を得るためにかなりの仕上げをしてきたはず。
ましてや昨年の12月のデビューから毎月使われ今年既に4戦目で
上積みはかなり厳しく感じるのだが…
ポイントは馬体の回復でしょうか。
前走で-8キロでしたし馬体が戻ってれば社台の持ち馬ですし、
激走の可能性も!?現時点では切る方向の1頭です^^;

最後に、

馬名:アンコールプリュ(3歳・牝馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
鞍上:藤岡(康)ジョッキー

昨年12月にデビューし短期間で2連勝となり放牧へ。
前走フィリーズレビューでは休み明けもきっちり2着を確保し本番へ。
何といっても友道師=金子氏のライン。
そして近2年から昨年はレーヌミノルが2着からの勝利、
一昨年のアットザシーサイドもフィリーズレビュー2着から、
桜花賞3着と馬券圏内に来てるのも見逃せない。
派手さと鞍上藤岡(康)Jという点で目立たない!?が、
先週ヒーズインラブで重賞勝ちをした勢いで一発もありそうですね。
私は現時点で見限れない存在です^^;

そんなこんなで今回も勝手ながら4頭ピックアップしましたが、
日が過ぎるにつれ自身でも精査ができてます。
今週末も3連単万馬券的中に向け予想を頑張ります!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする