【日本ダービー(2018)】ブラストワンピース、ワグネリアン、ジェネラーレウーノ、サンリヴァルもチャンス!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

東京競馬場で行われる牡馬3冠の第2戦、
日本ダービーですが先日有力馬を紹介したつもりが、
まだまだ有力馬がいましたね。
それでは今回も有力馬と思っておかしくない4頭を検証します。

先ずは、

馬名:ブラストワンピース(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:大竹師
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
鞍上:池添ジョッキー

キタノコマンドールもそうだがこの馬も未知の惑星レベル。
デビュー3連勝で毎日杯を制し、皐月賞は無理せず自重したが
どうやら背腰に疲れが残りやすい様で間隔を空けて
毎日杯からこの日本ダービー1本で調整されてきた事で万全の態勢の様です。
不安材料はハービンジャー産駒、ぶっつけはやはり気になる。
逆にプラス材料はG1強心臓の池添Jに
NHKマイルC2着のギベオンを前走2馬身離しての勝利は魅力。
はい、この馬も現時点で予想の候補には入れます^^;

続くは、

馬名:ワグネリアン(3歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
鞍上:福永ジョッキー

2歳地にデビュー3連勝で東スポ2歳Sを制し
クラシック候補と呼び声高い1頭だったが皐月賞で
1番人気に支持されるもまさかの7着と期待に応えれませんでした。
正直中山だからという声も出てるが弥生賞ではダノンプレミアム相手に2着、
またデビュー2戦目は重馬場でも勝ってる為前走稍重も敗因に挙げれず、
上りはサンリヴァル同様№3だっただけにスローの部分が響いた結果かな?
今回は中山から舞台が東京コース替わりはプラス材料とも思うが、
スローになった際には他馬も強力なのがいるだけに…
現段階で予想の候補には入れない方向で考えてます^^;

そして、

馬名:ジェネラーレウーノ(3歳・牡馬)
馬主:Gリビエール・レーシング
管理:矢野師
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック
母父:ロックオブジブラルタル
鞍上:田辺ジョッキー

我がPOG馬でありながら皐月賞で推せなかったのは悔やまれる。。。
が、京成杯からぶっつけというのが引っかかって切ったのだが、
結果的に2番手から粘りに粘っての3着は正直驚いた。
今度はデビュー2戦目で最速の上りで勝利した東京コース、
そして皐月賞で1度叩かれた上積みは見込めるはず。
このメンバーならそこまで人気も背負わなそうですし、
この馬も穴党として現時点で予想の候補に入れたくなる1頭です^^;

最後に、

馬名:サンリヴァル(3歳・牡馬)
馬主:DMMドリームクラブ
管理:藤岡(健)師
父:ルーラーシップ
母:アンフィルージュ
母父:アグネスタキオン
鞍上:浜中ジョッキー

面白い存在と思ってたが主藤岡(佑)Jが騎乗停止は大誤算。
前走皐月賞では5番手からエポカドーロは捕まえきれなかったが、
ジェネラーレウーノを捉え2着を確保。
まだまだ奥がありそうな気もしてる馬だが鞍上は浜中Jに決定。
浜中Jが最初の落馬からここ最近まで“らしさ”が見られず、
買い辛いというのが本音。
残念だが現時点で予想の候補からは外す予定です^^;

さて、前回に続きチャンスがありそうな上記4頭をピックアップしましたが
気になる馬が多い今年の日本ダービーですね。
こちらも枠順等々が決まれば切る馬は出てきてるはず。
じっくり吟味して当たる競馬予想をしたいと思っています。

本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする