【POG】オルフェーヴル産駒で母シャムロッカー2016となるトロルの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母シャムロッカーの2015となるサトノグロワールが
期待に反して微妙だっただけにシャムロッカー2016となる
このトロルを一時見限ってた私でしたが、
見限れない状況と思い紹介したいと思います。

馬名:トロル(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:未定
父:オルフェーヴル
母:シャムロッカー
母父:オライリー

その“見限れない”と感じた点はリアルダビスタこと、
個人馬主で異常な相馬眼を持つ『金子真人ホールディングス』が
所有と気づいた点。サトノグロワールの里見氏より現時点では
まだ金子氏の方が信頼度が高いと思ってる私^^;

その母シャムロッカーはオーストラリアで18戦4勝。
AJCダービー等、豪州のG1を2勝し3歳牝馬チャンピオンに選出された名牝。
その母から期待された昨年のシャムロッカー2015となる

馬名:サトノグロワール(牡馬)
馬主:里見ホースカンパニー
管理:池江師
落札額:1億7000万円
父:ディープインパクト
母:シャムロッカー
母父:オライリー

という、父がディープインパクトながら昨年末にデビューし、
新馬戦:2着(1番人気)
3歳未勝利:8着(1番人気)
3歳未勝利:1着(1番人気)
と、3戦連続1番人気に支持されるも皐月賞や日本ダービーに間に合わず。
ただ前走の初勝利は阪神芝2600mでレコード勝ちと
距離が伸びて良さを活かせた感じと素質の片鱗は感じますね。

また、母父オライリーは2度もリーディングサイヤーとなった名種牡馬。
日本で母父オライリーとなると、

馬名:ファイナルフォーム(牡馬)
戦績:10戦3勝(3223)
父:ディープインパクト
母:ファイナルデスティネーション
母父:オライリー
重賞勝利:ラジオNIKKEI賞(2012年)

しか見つけきれなかったが、
成績も重賞勝ちをし今後も期待!と思ってましたが、
喉の病が原因で結果4歳で引退となり乗馬となりました。
惜しいですね…

この母から激走馬が出ても何らおかしくなさそうな環境に加え、
ディープインパクトの方ではなくこのオルフェーヴルの方を所有した
金子真人ホールディングスとくれば…
今年の日本ダービーに続き来年の日本ダービーも
金子真人ホールディングスが…!?^^;

という事で、気になるトロルですがどんな結果になるか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする