佐々木主浩氏所有のシュヴァルグランとヴィブロスのローテが決まり両馬年内で引退予定

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

馬主運が半端ない佐々木主浩氏ですが、
自身が所有するG1馬2騎シュヴァルグランとヴィブロスの
ローテの発表と両馬共に年内で引退する予定となってる様ですね。

また、

馬名:シュヴァルグラン(6歳・牡馬)
馬主:佐々木主浩氏
管理:友道師
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:マキャベリアン
G1勝利:ジャパンカップ(2017年)

は、京都大賞典は鞍上三浦(皇)Jを予定、
続くジャパンカップと有馬記念はボウマンJで参戦予定と計3戦から
引退し種牡馬入りが濃厚でしょうね。

そして、

馬名:ヴィブロス(5歳・牝馬)
馬主:佐々木和主氏
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:マキャベリアン
G1勝利:秋華賞(2016年)、ドバイターフ(2017年)

は、天皇賞・秋からマイルチャンピオンシップ、
そして香港マイルの3戦で鞍上は未定ですがそのまま繁殖入りの予定との事。

シュヴァルグランのローテがおおよそ見えてましたが、
ヴィブロスはマイルCSと香港マイルと天皇賞・秋後は
マイル路線に向かう事になりますが近走から適性が向いてる気がします。

それにしても馬主運が半端ない佐々木主浩氏ですね…
ホント凄いとしか言いようがない。が、この2騎が引退した後は、
先日、超期待のブラヴァスが天才武(豊)Jを背にデビューしましたが
重馬場で勝ち馬カテラドルに0.5秒差の3着と敗けてしまったが、
それでも踏ん張った方でしょうか。
良馬場で再度見直しはできると思いますが、
新馬戦から個人的に大物感は感じなかったな^^;

また、佐々木主浩氏所有で個人的に気になってる

馬名:ヴァロリザー(2歳・牡馬)
管理:中尾師
父:スペシャルウィーク
母:グレイスファミリー
母父:タニノギムレット

ですが、血統的に魅力的でこちらの走りの方が見たい。
この馬でひょっとしたらひょっとするかも!?
はい、この2016産の両馬どちらかが活躍してくれるといいですね。

先ずは年内で古馬2騎に新馬2気がどんな結果をだしてくれるか楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする