【POG】ルーラーシップ産駒で母アゲヒバリの2016となるリオンリオンの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母母トゥザヴィクトリーとなる超良血馬ですが、
母アゲヒバリの2016でルーラーシップ産駒の
リオンリオンを紹介したいと思います。

馬名:リオンリオン(2歳・牡馬)
馬主:寺田千代乃氏
管理:松永(幹)師
父:ルーラーシップ
母:アゲヒバリ
母父:クロフネ
デビュー予定日:2018年8月19日(日) 札幌 芝1800m
鞍上予定:福永ジョッキー

母のアゲヒバリは地方デビューの9戦4勝で引退し、
繁殖牝馬へとなり特に活躍はできませんでした。
が、常にラストの脚は堅実でしたね。
母母がG1エリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリーの仔となりますし、
良血から繁殖牝馬としては期待されてる1頭ですね。

その母アゲヒバリからは、

2009:スパークオンアイス(父シンボリクリスエス/牝馬)
2010:マンボジャンボ(父チチカステナンゴ/牡馬)
2011:メドウラーク(父タニノギムレット/牡馬)
2013:ダノンアローダ(父ワークフォース/牡馬)
2014:ダノンディスタンス(父ルーラーシップ/牡馬)

と、先月ようやくタニノギムレット産駒のメドウラークが
重賞初制覇を成し遂げましたし勢いが出たか!?
過去デビューしたスパークオンアイス26戦2勝で抹消、
マンボジャンボ6戦0勝で抹消、ダノンアローダ14戦3勝で抹消、
そして当時POG指名したダノンディスタンスが11戦3勝で
1600万下の身で現役ですがなかなか活躍馬が出ません…

そして今年デビューの2016リオンリオンは
現時点でどうも調教が微妙ながら、
松永(幹)師はかなり期待してそうなニュアンス。
血統的には十分期待したくなるのだが…

デビューは19日の札幌芝1800mを予定としてる様ですし、
鞍上は福永Jを確保してる模様。
この血統からそろそろ走る馬が出て来ても…とは思うが、
なかなかうまくいかないものですね。

因みに2017は父がエピファネイアと凄く興味津々なのですが、
情報がほとんどないのはどうなってるのでしょうか?
アゲヒバリからはこの馬がひょっとしたらひょっとするかも!?
と、その前に2016のこのリオンリオンが活躍する事を願いながら
デビュー戦で好結果を期待したいですね!

楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする