【POG】ロードカナロア産駒で母サンビスタの2019となるジルトールの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

芝デビュー…さて3番仔にしてどんな結果になるか興味津々です。父はロードカナロアで母サンビスタの2019となるジルトールをご紹介したいと思います。

ジルトールのプロフィール

馬名:ジルトール(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:松永(幹)師
募集額:8,000万円
父:ロードカナロア
母:サンビスタ
母父:スズカマンボ
デビュー予定日:2021年7日25日(日) 新潟 芝1400m
鞍上予定:川田ジョッキー

産駒のダノンスコーピオンの株が…

父はロードカナロアとなり、先週の2019世代では函館2歳Sに出走はありませんでしたが、新馬戦でカナリコッタゲームが9着に敗れ、未勝利戦ではニシノデフィレが惜しくも2着と勝ちきれず、残念ながら産駒の勝ち星を挙げる事ができませんでした。そして現新馬勝ちのダノンスコーピオンの株が一気に上がりましたね。新馬戦で3馬身近く離された3着のコナブラックが未勝利快勝、そして2.2秒離された5着のグランデが、函館2歳S(G3)で未勝利ながら3着ですからね…2019世代で早くも先々期待できそうで楽しみになってきましたね!

母はチャンピオンズC勝ちでダートG1・2勝

母はサンビスタでスズカマンボ産駒ですね。現役時はやや遅咲きでしたがダートで大活躍し、中央のチャンピオンズCに地方のJBCレディスクラシックのG1を2勝、そして地方のレディスプレリュードのG2を1勝にブリダーズゴールドC、TCK女王盃、マリーンCのG3を3勝の実績を残し、通算28戦11勝で引退、繁殖へと上がりました。その繁殖生活は、初仔のサンジョアン(父ルーラーシップ/牝馬)が中央デビューも地方ダート1勝、2番仔のエスミラクル(父モーリス/牝馬)は中央デビュー2戦0勝と厳しい状況で、登録抹消から地方へ移籍の様ですね。母がダート馬ながら両馬共に結果を出せてないが、芝でのデビューでした。

3番仔も“芝”デビューだが鞍上が…

そんな中、ロードカナロアを配合された3番仔のジルトールが今週末デビューを予定しています。そのデビュー戦は25日(日)の新潟芝1400mで鞍上が川田Jを想定されてます。預託先は松永(幹)師との事でまたもや“芝”デビューとなりますが非常に評価が高く、芝もこなせそうとの事。また、初仔は岩田(康)Jで2番仔は岡田(祥)J、そして3番仔の今回はトップジョッキーの川田Jですから芝をこなすサンビスタの仔が出たのかも!?。調教の動きも良く、期待したくなりますがドレフォン産駒で和田J騎乗停止から福永Jを確保したというブルーグラスがいる様ですが、その他にどんな馬がデビューしてくるか気になるところ。芝でどんな結果を出してくるか楽しみな1頭です。

タイトルとURLをコピーしました