【POG】ロードカナロア産駒で母メジロツボネの2016となるカヌメラビーチの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

この世代もクラシックを賑わすであろう金子真人氏所有馬で、父はロードカナロアに母はメジロツボネの2016となるカヌメラビーチを紹介したいと思います。

馬名:カヌメラビーチ(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:須貝師
父:ロードカナロア
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
デビュー予定日:2018年11月10日(土) 東京 芝1600m
鞍上:ルメールジョッキー

母はメジロの血を持つメジロツボネで現役時は通算26戦4勝で1000万下を勝ち上がって以降、
勝ち星に恵まれず引退、繁殖へと上がりました。その後の繁殖生活は初仔の、
2015:グローリーヴェイズ(父ディープインパクト/牡馬)
は、記憶に新しいクラシック最後の1冠となる菊花賞を12番人気ながら、
福永Jを背に大外枠から最速の上りで5着に奮闘したのは能力の証でしょう。
きさらぎ賞2着や京都新聞杯4着等、全6戦で【2202】で掲示板を外した事がない堅実派だけに
今後のレースが非常に楽しみですね。

そして2番仔のカヌメラビーチがディープインパクトからロードカナロアになり、
あのリアルダビスタの金子真人氏がセレクトせセール2017にて5,000万円で落札しました。
やはり金子氏所有となるとちょっと個人的には良さが盛られてしまいますが、
管理する須貝師も『面白そうだよ』とコメントしてますし、
デビュー予定が来週の東京芝1600mを鞍上ルメールJで予定としてるだけに、
2歳馬からまた1頭有力馬が出てくるかもですね!

現状金子氏の2歳馬でデビューした後の有力馬は、
ジョニーズララバイ:父マンハッタンカフェ×母メジロアリス
→新馬勝ちからOPのききょうS2着

ビーチサンバ:父クロフネ×母フサイチエアデール
→新馬勝ちからG3のアルテミスステークス2着。

ボスジラ:父ディープインパクト×母ミスパスカリ
→新馬勝ちからOPの芙蓉ステークスで2着。

ヴェロックス:父ジャスタウェイ×母セルキス
→新馬勝ちからOPの野路菊ステークスで2着。

ブーザー:父マンハッタンカフェ×母マンドゥラ
レースガーデン:父ディープインパクト×母ウインターコスモス
→共にデビュー戦を勝利し1戦1勝。

と、4頭が今のところは朝日杯FSやホープフルSへ向かう流れになるかな?
しかし、こう見るとマンハッタンカフェ、クロフネ、ディープインパクト、
ジャスタウェイとまぁ多種の種牡馬で結果を出せる金子氏はホント凄いですね。。。

ただ、正直カントルは新馬戦を勝つと思いきや2着は予想外だったが勝ち馬と0.2秒差なら次走期待!残念なのがバニュルスですが新馬戦で勝ち馬0.2秒差で2着から期待した続く2歳未勝利ではまさかの4着。これが勝ち馬に1.1秒差はちょっと能力的に厳しいかもですが、
現状では先に挙げた4頭は今後G1戦線で一暴れしそうな予感もしますね!
まぁ、何れにせよ今年の金子真人氏にはまだ良血馬が多数控えてます。

さて、このカヌメラビーチも勢いに続けとデビュー戦が楽しみですね~
どんな結果になるか本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする